成田凌初主演 映画「カツベン!」主人公は“活動弁士” 周防正行監督最新作

LINEで送る

この記事の写真を見る(5枚)

 周防正行監督最新作、成田凌が初めて主演する映画「カツベン!」が12月13日に公開されます。

『カツベン!』12月13日(金)全国公開 ©2019 「カツベン!」製作委員会
『カツベン!』12月13日(金)全国公開 ©2019 「カツベン!」製作委員会

 今からおよそ100年前、「映画」が「活動写真」と呼ばれ、まだサイレントでモノクロだった頃の物語。子どものころから、活動弁士に憧れていた俊太郎は今、ニセ弁士として泥棒グループの片棒をかついでいます。インチキが嫌になって一味から逃げ、小さな町の映画館「靑木館(あおきかん)」で働くことになりました。ところが、面白いトラブルが次々と起こります。

『カツベン!』12月13日(金)全国公開 ©2019 「カツベン!」製作委員会
『カツベン!』12月13日(金)全国公開 ©2019 「カツベン!」製作委員会

 超満員の映画館、隣町のライバル映画館、再会を果たした初恋相手、大金を狙う泥棒、ニセ活動弁士を追う警察まで巻き込み、予想できない展開へ……。俊太郎の 夢は、恋は、どうなるのか!

『カツベン!』12月13日(金)全国公開 ©2019 「カツベン!」製作委員会
『カツベン!』12月13日(金)全国公開 ©2019 「カツベン!」製作委員会

 主人公は活動弁士を夢見る青年。演じるのは成田凌、映画初主演です。ヒロイン・主人公の初恋相手は黒島結菜。大酒のみの弁士が永瀬正敏、スター気取りの弁士に高良健吾、脇を固めるのは井上真央、音尾琢真、竹野内豊。もちろん竹中直人、渡辺えり、小日向文世ら周防作品おなじみのキャストも出ます。

 100年前、映画にまだ音がありませんでした。日本の映画館では、音楽の生演奏に合わせて、活動弁士(カツベン)が映像を説明していました。当時は、映画を観に行くというより、カツベンのおしゃべりを聞きに行く人が大半だったようです。

『カツベン!』12月13日(金)全国公開 ©2019 「カツベン!」製作委員会
『カツベン!』12月13日(金)全国公開 ©2019 「カツベン!」製作委員会

 カツベンは、俳優よりも監督よりも人気のある大スターで、映画館にとって人気の活動弁士と契約することが興行成績につながることから、映画館同士の引き抜き合戦もありました。

LINEで送る