日本アカペラ界の雄!”チキガリ”が神戸から全国チャペルツアースタート!

 2日に結成から丸29年を迎え、30周年に向けて走り出した日本アカペラ界の雄、“CHICKEN GARLIC STEAK(チキンガーリックステーキ)”が、2020年、全国各地の教会を巡り、そのハーモニーを響かせる。

チキンガーリックステーキのメンバー(写真:ラジオ関西)
チキンガーリックステーキのメンバー(写真:ラジオ関西)

 2020年1月25日の神戸聖愛教会での公演を皮切りにスタートするのが、「CHICKEN GARLIC STEAK HARMONY FOR THE PEACE」。神戸で生まれ、阪神・淡路大震災も経験した彼らは、このコンサートツアーの収益の一部を全国の被災地に寄付することを決めた。 “チャペル”という特別な場所で、かつ生歌でのコンサートという、ホールやライブハウスとは全く異なる、幻想的な空間を体感できる。

 2019年12月現在、11都道県で13公演を予定。チケットはコンビニ、プレイガイドなどで発売中。前売3,500円で、学生は1,000円。問い合わせ先は、C.G.Sチャリティーコンサート実行委員会(cgs.yoyaku@gmail.com)、または、CGS fan club「ぴよぴよくらぶ」電話070-2324-8243(11:00~19:00)まで。

チキンガーリックステージ 公式ホームページ
https://cgs.jp/

関連記事