北村匠海・芳根京子・宮沢りえ 「ぼくらの7日間戦争」30年後の新たな戦い

©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

 あの名作ベストセラー「ぼくらのシリーズ」が、その舞台を2020年の北海道に移してアニメ映画に生まれ変わる。12月13日からOSシネマズミント神戸、TOHOシネマズ西宮OSをはじめ、全国公開されたのは、劇場アニメ『ぼくらの七日間戦争』。

©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

 いつもひとりで本ばかり読んでいる、鈴原守。話し相手はほとんどおらず、いるとするなら歴史マニアが集うチャットのメンバーくらい。

©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

 そんな守は、片想いしている幼馴染の千代野綾が1週間後に引っ越すことを知る。7日後。それは綾の誕生日だった。

©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

「せめて、17歳の誕生日は、この街で迎えたかった」。彼女のやり場のない本音を耳にしてしまった守は、思い切って「逃げましょう」と告げる。

©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

 2人に加えてさらに4人の友人らがこの逃避行に加わり、特別な夏が始まったのだ。

 しかし、その夜タイ人の子供・マレットと出会ったことで事態は想像しない方向へ向かう。マレットは、不法滞在で入国管理局に捕らわれかけていたのだった。

 そして迎えた2日目の朝、今度は武装した入国管理局の職員が、マレットを連れ去りに突入してきた。守は、仲間たちの協力のもと、敵の撃退作戦を決行する――!

©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

 キャストは、『君の膵臓をたべたい』以来、数々の賞に輝き俳優として頭角を現し、さらにはアニメ好きということも広く公言している北村匠海と、朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』のヒロインを演じた俳優の芳根京子。

©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

 そして1988年公開の同じタイトルの実写版で俳優デビューした宮沢りえも特別出演している。

 令和に生きるすべてのジェネレーションの “ぼくら” に贈る、新しい “7日間” を劇場でどうぞ。

©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

『ぼくらの七日間戦争』

キャスト:
北村匠海
芳根京子
宮沢りえ(特別出演)

潘めぐみ
鈴木達央
大塚剛央
道井悠
小市眞琴
櫻井孝宏

原作:宗田理『ぼくらの七日間戦争』(角川つばさ文庫・角川文庫/KADOKAWA刊)

監督:村野佑太
脚本:大河内一楼
キャラクター原案:けーしん
キャラクターデザイン・総作画監督:清水洋
総作画監督:西岡夕樹 
場面設計:関根昌之
美術監督:栗林大貴
色彩設計:広瀬いづみ
撮影監督:木村俊也
音響監督:菊田浩巳
音楽:市川淳

映画『ぼくらの7日間戦争』公式サイト
http://7dayswar.jp/

映画『ぼくらの7日間戦争』公式Twitter
@7dayswar_movie
https://twitter.com/7dayswar_movie/

映画『ぼくらの7日間戦争』公式Instagram
@7dayswar_movie
https://www.instagram.com/7dayswar_movie/

©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会
©2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会