声優の秦佐和子が「ラブプラス」について熱く説明!「3人それぞれの良さがありますから」

LINEで送る

 声優の小野坂昌也(8年)と秦佐和子(魚卵=ゴラン)がパーソナリティーを務めるラジオ番組『小野坂・秦の8年つづくラジオ』(ラジオ関西)。12月20日放送回では、最近復活した「ラブプラス EVERY」の話から始まり、バタークリームケーキが登場したりと、にぎやかな展開だった。

声優の小野坂昌也(8年)と秦佐和子(魚卵=ゴラン)
声優の小野坂昌也(8年)と秦佐和子(魚卵=ゴラン)

 冒頭から秦が、「始まったみたいですね、『ラブプラス』。メンテナンスが終わって」と切り出した。「ラブプラス」とは、2009年の発売以来シリーズ化されてきた恋愛コミュニケーションゲーム。最新作のスマートフォンアプリ「ラブプラスEVERY」では、ゲーム内で高校を舞台に3人の女の子と出会い、告白の後、“カノジョ”との日々の恋人生活を楽しむことができるという。

 小野坂が「そんなに話題になってたの?」と聞くと、秦は「『ラブプラス』はファンが多いですからね~。愛花さん、凛子さん、寧々さん……それぞれの良さがありますから」と説明し、ゲーム内で登場するガチャ要素やキャラクターカードについても詳しく解説した。若い女の子が好きなはずの小野坂が、「年齢がさぁ……」と乗り気ではない様子に、秦は「『中の人(担当の声優)の年齢が……』って話ですか? でも(小野坂が大好きな)早見沙織さん出てますよ。あと、丹下桜さん、皆口裕子さん、私、めちゃくちゃ声好きですよ!」と話し、小野坂を説得していた。

 番組終盤にはリスナーからなぞなぞの出題があり、「クイズ自体が全然ダメなんですよね~」と言っていた秦から、周囲の度肝を抜く答えが。

 なぞなぞの問題は、「ペーパードライバーの佐和子さん、軽自動車を借りて荷台にギター、ドラム、トランペットを乗せて出発しました。途中のカーブに差し掛かったところで“あるもの”を落としてしまいました。何でしょうか」というもの。これに対して、秦は「え~っと……、命!」とホラーに答えてしまい、なぞなぞのポップな雰囲気が台無しに。空気を全部持っていった秦のシュールな答えに、小野坂も「怖すぎやろ! 出題者もびっくりやで。一枚上手やなぁってきっと落ち込んでると思う」と震えていた。結局、答えは『スピード』だった。

 番組には、今のバタークリームケーキの美味しさを伝えるメールも届いており、小野坂は「僕の時代には無かった! 味わってみたいものですな!」と驚きの様子。最近、秦が偶然バタークリームケーキらしいものを食べたらしく、「8年さん(小野坂)があんなに言っていたけど、実際食べたら美味しかったですよ」とその美味しさも語っていた。

小野坂・秦の8年つづくラジオ | ラジオ関西 | 2019/12/20/金 24:00-25:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可