【ヴィッセル神戸、天皇杯決勝前日コメント】前回の鹿島戦でゴールを決めた郷家友太「自信を持って明日の試合(決勝)に臨める」

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 サッカー・J1のヴィッセル神戸は、31日、悲願の初タイトル獲得がかかる天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会の決勝(2020年1月1日)を前に、東京・国立競技場で練習を行った。冒頭15分が公開された練習では、神戸の選手たちが、新装されたスタジアムで、芝の感触などを確かめながらトレーニングを行う様子が見受けられた。

 J1第33節の鹿島アントラーズ戦でもゴールを決めて勝利に貢献した神戸MF郷家友太は、練習後の囲み取材で、「この1週間は、すごい充実した練習ができていたし、チームの雰囲気もかなりよかったので、自信を持って明日の試合に臨めると思う」と意気込みを述べた。

ごうけ
ヴィッセル神戸の郷家友太(写真:ラジオ関西『GOGO!ヴィッセル神戸』)

郷家友太選手(ヴィッセル神戸)

――新しい国立競技場で練習を行った感想について

すごく芝の感触もいいですし、若干ヴィッセルがやっている練習場よりは少し長いですが、今日の前日練習では相手が(国立競技場で)やらないということなので、今日やったことがすごいアドバンテージになるんじゃないかなと思います。

――ここまでの準備での手応えについて

オフが終わってからのこの1週間は、すごい充実した練習ができていたし、チームの雰囲気もかなりよかったので、自信を持って明日の試合に臨めるんじゃないかなと思います。

――前回の鹿島戦ではゴールも決めているが、鹿島との対戦への意気込みについて。

前にやった鹿島との試合では、場所も違いますし、相手の雰囲気もまったく違うと思うし、こっちのサポーターの雰囲気もまったく違うと思うので、それらに飲まれずに戦いたい。鹿島もかなり強いチームなので、相手のサッカーをさせないようにしていきたいし、球際もかなり強い相手なので、そこを負けないようにやっていけたら、また勝つことができるんじゃないかなと思います。