就職活動の参考にしたい!先輩社会人が語る「入社の決め手」とは?

 よしもとの若手お笑いコンビ「ネイビーズアフロ」(皆川、はじり)と、ラジオ関西の津田明日香アナウンサーがパーソナリティーを務めるラジオ番組『就活応援番組 ネイビーズアフロのレディGO! HYOGO』(ラジオ関西)。1月10日の放送では、先輩社会人ロールモデルから就活生へのアドバイスを聞く「就活レディGO」のコーナーに、兵庫県信用農業協同組合連合会の衣笠湧大さんと高橋良子さんをゲストに迎え、就活トークを展開した。

集合PH
写真左から、ラジオ関西の津田明日香アナウンサー、ネイビーズアフロ皆川、兵庫県信用農業協同組合連合会の衣笠湧大さんと高橋良子さん、ネイビーズアフロはじり(写真:ラジオ関西)

 農協を対象に、住宅ローンや貯金などの金融商品の販売サポートを行う衣笠さんは「生まれ育った兵庫で働きたい、という気持ちを軸にして(就活中は)金融だけに絞らず、いろいろな企業に目を向けていた」と兵庫愛を吐露。総務部で社内管理や制服の見直しにも携わっているという高橋さんも「地元が好きという気持ちと、幼い頃から農家の人と触れ合う機会が多かったので今の会社に入社した」と、地元への思いが就職につながったという。

兵庫県信用農業協同組合連合会の衣笠湧大さんと高橋良子さん
兵庫県信用農業協同組合連合会の衣笠湧大さんと高橋良子さん(写真:ラジオ関西)

 今の会社に入社を決めた理由を聞くと、2人とも口をそろえて「人事や先輩社員の人柄が良かった」、「クラブ活動が盛んで、部署の垣根を超えて社員同士で交流ができる」など職場環境が決め手であったと答えた。最後に就活生へのアドバイスとして「とにかくいろんな場所に足を運んで、多くの人と会って話を聞いてみて欲しい」(高橋さん)、「自分らしい就職活動をして欲しい。自分を見失ったり悩む事もあるだろうけど、企業はたくさんあるので、きっと自分に合った場所が見つかるはず」(衣笠さん)とエールを送った。

 番組後半では番組に寄せられたメッセージを紹介。リスナーからの「地元で就職したいけど、何か良い方法はないですか?」という相談には「大企業だけでなく、中小企業などに目を向けてみれば選択肢が増えるかも」(津田アナ)、「就職マッチングサイトや説明会を活用してみてほしい」(皆川、はじり)と、それぞれがこれまでの経験や放送を参考にしながらアドバイスしていた。

ネイビーズアフロ
ネイビーズアフロの皆川とはじり(写真:ラジオ関西)
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/01/navys0110-04.jpg
ラジオ関西の津田明日香アナウンサー(写真:ラジオ関西)
©ラジオ関西

ネイビーズアフロのレディGO!HYOGO | ラジオ関西 | 2020/01/10/金 23:00-24:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事