女子中学生レーサーJuju、強さの秘密とは 父で元F1レーサーの野田英樹氏が語る

 日本人最年少のフォーミュラ・カー・ドライバ―として、2020年から欧州デンマークで開かれる「F4 デニッシュ チャンピオンシップ(F4 Danish Championship)」に2020年から本格参戦する「Juju(ジュジュ)」こと野田樹潤さん。2006年2月2日生まれの13歳に、時速300キロ近いマシンを操るテクニックがどうして身に着いたのか。父親で元F1レーサー、NODAレーシングアカデミー校長でもある野田英樹さん(51)がその秘密について語った。

戦いの舞台を欧州に求めたJujuこと野田樹潤さん。その目はフォーミュラ最高峰を見据えている
戦いの舞台を欧州に求めたJujuこと野田樹潤さん。その目はフォーミュラ最高峰を見据えている

 Jujuとマシンとの出会いは、3歳の誕生日に英樹さんがプレゼントしたカートがきっかけだった。「親子のコミュニケーション・ツールのつもりだったんですが、結果的に三輪車や自転車よりも早かった。まだ言葉もおぼつかない時だけに、ブレーキもアクセルもわからない。アクセルを踏めば進む、ブレーキを踏めば止まる。ぶつかれば痛い。親としてはハラハラでしたが、遊びの中でドライブ感覚を身に着けていった」と英樹さんは振り返る。

 だが、才能は決して後天的なものではなかった。「普通の子供なら初めてのサーキットで爆音に驚き、泣き出すが、Jujuはそれがまったくなかった。母親のお腹にいたころから、レース場の爆音を聴き、お腹の中で私の運転する車のGフォースを体感していたのかもしれない」

ピットでレースを分析する英樹さんとJuju
ピットでレースを分析する英樹さんとJuju

 その持ち前の感覚はレーサーとしての武器となった。「普通の人ならレーシングカーに乗せられ、3G、4Gの力がかかったら気分が悪くなる。Jujuにはそれがない。だからレースでもリラックスし、落ち着いて状況判断できる。緊張もしないから体力も消耗しない。それに父親に似て負けず嫌い。これらはレースの世界ではとても重要な要素です」

 そんな「才能」に「自覚」が生まれたのは5歳の時。英樹さんのラストランとなった2010年のルマン24時間耐久レース。マシンを降りた英樹さんにJujuは花束を贈り、幼い決意を告げた。「これからは私が後を継ぐ」

闘いの舞台となるサーキット。父と娘は監督とドライバーになる
闘いの舞台となるサーキット。父と娘は監督とドライバーになる

「正直、言葉がでなかった。大変な世界に足を踏み入れることを5歳の本人は理解できていない。そんな辛い思いをさせるのもどうか、という葛藤があった」という。

「しかし本当にやるというのなら、本気にならないと、何も手にすることはできない。勝負の世界に生きるのなら、絶対にあきらめてはいけない。負けるたびに心が折れていては続かない。勝負を楽しめるようにならなければならない」

 そこで親子が話し合い、生まれたのが、絶対に忘れてはいけない言葉。

「負けても、負けても、あきらめない」

 以来、5歳から13歳になる今日に至るまで、この言葉を大切にしてきた。

 2020年1月からはいよいよ舞台は世界に。「F4 デニッシュ チャンピオンシップ」は、世界で開催されているF4レースの中で14歳のドライバーが参戦できる数少ないレース。2019年はデンマークとノルウェーの4か所のサーキットを舞台に24戦が行われた。Jujuは2020年1月にはデンマークに入り、テスト走行を重ねながら4月の開幕戦に備える。

 監督も務める英樹さんは、「Jujuのドライバーとしての才能は疑う余地がない。あとは、メカニックやエンジニアなどとのコミュニケーション能力を高め、一緒にマシンを作り上げ、作戦を組み立てていく力を身に着けてほしい」と、娘の成長を見守っている。

ラジオ関西「Jujuの数珠つなぎ」の収録でのツーショット。普段は仲のいい父と娘だ。
ラジオ関西『Jujuの数珠つなぎ』の収録でのツーショット。普段は仲のいい父と娘だ。

 Jujuがパーソナリティーを務めるラジオ関西の『Jujuの数珠つなぎ』は毎週火曜日午後8時30分から。中学生らしい女子トークに交じって、レーサーJujuだけが知る爆音と高速の世界が語られる。

Jujuの数珠つなぎ | ラジオ関西 | 2020/01/14/火 20:30-21:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可