小山乃里子が1月にまつわるタカラヅカの名曲を紹介『ビバ!タカラジェンヌ』

LINEで送る

 毎週月曜日に放送中のラジオ関西『ビバ!タカラジェンヌ』(午後8時~)。1月13日の放送では、今年最初のリクエスト特集を実施。1月にまつわる曲を中心に、懐かしさを感じる5曲が紹介された。

 1曲目は新年に乾杯ということで、2002年花組公演『Cocktail』より匠ひびきが歌う「乾杯」。番組パーソナリティーの小山乃里子が、1月4日に宝塚ホテルで行われた三矢直生のコンサートで匠に会い、「元気そうだった」と明かすエピソードを添えて紹介した。

 2曲目は、2020年星組での再演が発表された『ロミオとジュリエット』の「エメ」。柚希礼音と夢咲ねねが歌う2013年星組バージョンで流されたが、小山は「この公演では紅ゆずるのティボルトの、鬼気迫る演技が印象的だった」との思い出を語った。

 3曲目は1981年雪組公演『彷徨のレクイエム』より、寿ひずるが歌う「彷徨のレクイエム」、続いて4曲目には2000年雪組公演『デパートメント・ストア』より、香寿たつきが歌う「デパートメント・ストアのテーマ」が流れ、最後5曲目に選ばれたのは、1995年月組公演『ハードボイルド エッグ』より、天海祐希と麻乃佳世が歌う「今なら言える」。25年前の阪神・淡路大震災で宝塚大劇場公演が中止になった同作品に、被災者からの当日のエピソードを交えたリクエストが寄せられ、小山も当時を振り返るとともに、被災者への想いを馳せた。

 なお、宝塚大劇場では、2月3日まで雪組公演『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』が上演されている。

ビバ!タカラジェンヌ | ラジオ関西 | 2020/01/13/月 20:00-20:30

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可