声優の桑原由気と本渡楓、『猫の日』に犬好きの一面を語る

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

 声優の桑原由気と本渡楓がパーソナリティーを務めるラジオ番組『桑原由気と本渡楓のパリパリパーリィ☆』(ラジオ関西)。2月22日は『猫の日』ということで、同日放送回では動物トークで盛り上がった。また、子どもの頃に怖かったものについても語られた。

桑原由気と本渡楓
桑原由気と本渡楓

 番組オープニングトークで犬か猫のどちらが好きかという話になった際、ともに “犬派”と述べた、桑原と本渡。「キュンっていう『かわいらしさ』よりも、犬の性格的なところがそもそも好きで。でっかい犬が素直にしているところとか……」と、本渡が大型犬の魅力を語ったのに対して、実家で犬を飼っている桑原は「でかい犬って頭良さそうだよね。うちの実家の犬は中型犬なんだけど、かむんだよね。前に飼っていた2匹に比べて素直じゃないっていうか……。前の2匹は、なついてたのに」と悩みを告白。「桑ちゃんの実家の犬の写真、すごいテンション低い顔してたね」と本渡に言われると、「ご飯の時に小屋に入ってもらうんだけど、その時の顔がヤバいの。ビー玉みたいな目になるの」と桑原は述べつつ、「実家に帰ったらまたかまれるから怖いけど、会いたい! とりあえず可愛いからね」と愛着は強いようだ。

 その後、子どもの頃に怖かったものについてトークした桑原と本渡。本渡は、自動改札で通れなかったときのトラウマに共感して「分かるなぁ。私、今でも改札抜けるの怖いもん。でもそれより怖いのは、イベント会場で警備の関係でゲスト証をかざして自動で開く扉あるじゃん。あれ、すっごい怖い。あとエレベーターも地味に怖いかも。4回くらい挟まれたことある。“ごめん! 楓ちゃん!” ガシャーンって」と話すと、桑原は「それって挟まれすぎじゃ……。閉めるボタン押されたパターン?!」と、エレベーターのエピソードにはついつい笑ってしまっていた。

 今回は“猫の日”なのに犬の話で盛り上がった二人。桑原のポーチの中に入っていたものに、本渡が「これドッグフードじゃん!」と興奮すると、すかさず桑原は「これは漢方薬だよ」と訂正。最後には、ドックフードに見立てて動画撮影を楽しんだ2人だった。