不漁・イカナゴ漁にみる「海の栄養」とは 水質改善が裏目に?

明石浦漁港では初日(2月29日)の水揚げが450キロ
(写真3枚)

播磨灘と大阪湾でイカナゴ漁が2月29日、解禁されたが、初日の水揚げは予想通り不漁。明石市の林崎漁港では漁獲ゼロ。 兵庫県立水産技術センターによると、今年のイカナゴは4年連続で不漁となる見通し。