かりゆし58、不朽の名曲『アンマー』への愛を語る 沖縄のミュージシャンに共通する「謙虚さ」とは

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 かりゆし58、2006年リリースの1stシングル『アンマー』。アンマーとは、沖縄で「お母さん」の意。母親への愛、感謝など……様々な感情を飾らない言葉で歌い上げた不朽の名曲だが、卒業式シーズンということもあって、改めて心を、耳を傾けている人も多いかもしれない。そのかりゆし58の前川真悟(ヴォーカル/ベース)と宮平直樹(ギター)が、ラジオ関西『MUSIC LIFE GARDEN』に出演。『アンマー』という曲に対する想いから、沖縄でのちょっぴり変わった卒業式のエピソードを聞く。(聞き手はラジオ関西の春名優輝アナウンサー)

かりゆし58
かりゆし58

――『アンマー』は、すべての日本人が、聴いて1度はハッとさせられる曲だと思います。結成14年を迎えて、曲への想いは変わりましたか?

前川真悟 『アンマー』は、僕が23歳、24歳くらいの時に形になった曲だから、「いい曲だね」、「素敵だね」と言われたら、ものすごく恥ずかしい時期が数年続いて。「若造が書いた拙い曲なので、もう勘弁してください」と思っていました。そんな時期を経て、今から5、6年前くらいかな。沖縄の大先輩、知名定男さん(民謡歌手)に「曲というのは、お前が作っているわけではないんだ、それはおこがましい勘違いだよ」と言われたんです。「元々そこに在ったもの、そこに在ろうとして、まだ形になっていないものが曲なんだ。俺たちの生業は、一生懸命心を傾けて、耳を傾けて、その曲を在るべき姿に“蘇生させる”、“蘇らせる”ことなんだ」と教わりました。

――50年以上のキャリアがある、知名さんだからこその言葉ですね。

前川 だってそうでしょう? 自分の奥さんが一生懸命生んだ子どもを、誰かに「かわいくないですね」と言われたらブチギレるでしょ(笑)。知名さんの言葉で、「僕もそれと同じことをしているんだ。『アンマー』という曲をもっとかわいがってあげよう、誇りをもって伝えよう」と気づきました。知名さんの言葉はおまじないのようで、「僕はあくまで伝え手なんだ、謙虚な思いで音楽に向き合おう」と思えるようになりました。そういったこともあって『アンマー』は大切な曲ですね。

――知名さんをはじめ、沖縄の音楽シーンの特徴はなんでしょうか?

前川 全体的なことを言うと、キャリアどうこうよりも年齢です。例えば、HYとORANGE RANGEは2個下なんだけど、僕らよりキャリアは長い。それでも僕のことを「真悟さん」と呼んで、ちゃんと後輩なんですよね。

宮平直樹 芸人の世界とは真逆ですね。

前川 あとは、ミュージシャンだから、有名だから、といって過剰なリスペクトは受けません。衝撃的なデビュー作で大ヒットしたBEGINの(島袋)優さんから聞いた話なんですけど、お金も入ったので石垣島の先輩を東京に招いて、回らないお寿司をごちそうしようとしたそうです。でも、会計は先輩がした。その先輩は「(おごるのは)後輩にやれ。今日、俺が払ったのを覚えとけ。年上はこういうものだよ」と仰ったと。今でも優さんは僕たちに優しくしてくれるんだけど、「先輩にやってもらったから。お前も後輩にしてあげな」とだけ言うんです。

――かっこいい……。

前川 そこが、音楽に向き合う健全さとか謙虚さにつながっているのかなと思います。

(左から)宮平直樹、春名優輝アナウンサー、前川慎吾
(左から)宮平直樹、春名優輝アナウンサー、前川慎吾

――沖縄の独特の文化といえば、卒業式も特色がありますよね?

宮平 沖縄では、高校の卒業式が3月1日なんですよ。まさに今の時期ですね。

前川 「紙吹雪」はやりますか? 要らなくなったプリントを集めてきて細かく切って、体育館から出てきて花道を歩く部活の先輩とかに投げるんです。これは1年生、2年生の仕事。先輩はその紙吹雪の量で、「どれだけ後輩に愛されていたか」をアピールするんですが、量が気に食わなかったら後で呼び出されるので……。紙吹雪が途中で無くならないように、量を調節するなど、頑張っていましたね(笑)。

宮平 他には、お菓子で作ったレイ(首にかける装飾品。主にハワイで用いられる)とかね。女子バスケ部とか女子バレー部とかに多かったかもしれない。「センパイ頑張って!」みたいな。

前川 男は男で、学校の外でメリケン粉(小麦粉)と卵を投げ合ってね。今もやってるのかな?この時期にラジオで「未成年者が買いにきても(メリケン粉や卵を)売らないでください」ってアナウンスもあるんですよ(笑)。

宮平 原料的には、もうサーターアンダギー作れそうだよね(笑)。

――あはは、確かに!貴重なお話をありがとうございました!

かりゆし58 プロフィール
2005年4月沖縄で結成の4人組バンド。沖縄音階にロック、レゲエをチャンプルーしたサウンドと、かざらない言葉でメッセージを発信し、世代を超え人気をよんでいる。2006年2月ミニアルバム『恋人よ』でデビュー。2006年7月にリリースの母への感謝の気持ちをストレートに唄った「アンマー」が多くの共感を呼び、日本有線大賞新人賞を受賞。2016年2月22日にデビュー10周年を迎え、10 周年記念ベストアルバム『とぅしびぃ、かりゆし』をリリース。沖縄で生まれ育った彼らならではの『島唄』を全国に向け唄い続けている。


かりゆし58『バンドワゴン』 Now On Sale!
https://ldandk.com/kariyushi58/bandwagon/



ライブツアー「ハイサイロード2020 -バンドワゴン-」
【兵庫・神戸】
◇日程 5月28日(木)
◇開場/開演 18:15/19:00
◇会場 神戸チキンジョージ

【滋賀】
◇日程 6月20日(土)
◇開場/開演 16:30/17:00
◇会場 滋賀U☆STONE

【京都】
◇日程 6月21日(日)
◇開場/開演 16:30/17:00
◇会場 KYOTO MUSE

【奈良】
◇日程 6月27日(土)
◇開場/開演 16:30/17:00
◇会場 奈良ネバーランド

【和歌山】
◇日程 6月28日(日)
◇開場/開演 16:30/17:00
◇会場 和歌山 CLUB GATE

かりゆし58 公式ホームページ
http://kariyushi58.com/

LINEで送る

MUSIC LIFE GARDEN | ラジオ関西 | 2020/03/01/日 16:00-16:25

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可