新型コロナ、クラスター最多の兵庫「2次感染阻止へ」井戸知事

LINEで送る

 感染拡大が続く新型コロナウイルスについて、厚生労働省が16日までに感染者の小規模集団「クラスター」の分布を示す全国マップをホームページで公表、兵庫は3か所と最多だった(15日正午現在)。次いで北海道と千葉、愛知の各2か所。

 兵庫県の井戸敏三知事は16日の定例会見で、最多のクラスター発生について「数の問題ではない」としたうえで「感染者は増えているが、 クラスターの多さは広がりの強さではない。クラスター関係者からの2次感染がないよう引き続き対策を行なう」と述べた。

 このマップで5人以上の感染者が確認されたクラスターは兵庫、大阪、北海道、愛知など10都道府県の15か所にのぼる。
50人以上のクラスターは大阪市内の4つのライブハウスを介した感染の1か所。
兵庫では「仁恵病院(姫路市)」「グリーンアルス伊丹(伊丹市)」など医療施設や介護施設での集団感染、東京は屋形船を介した感染、北海道ではライブバーや展示会などを介した感染が挙げられる。