新型コロナ感染患者増加 兵庫県、入院調整センター新設

LINEで送る

 兵庫県は19日、県内の新型コロナウイルスの感染患者が増加し続けている現状を踏まえ、医務課に「入院コーディネートセンター(CCC-hyogo)」を新設した。

 入院コーディネートセンターは、広域災害に対応するための情報システムを活用して、各病院の病室の空き状況や入院中の患者数などを一元的に管理する。新たに患者が発生した場合県の健康保険事務所や中核市の保健所の依頼を受け、入院先の病院を割り振り症状の軽重に応じた転院を調整する。一部の病院へ患者が集中するのを防ぐほか、保健所の負担の軽減が期待される。