女子サッカー・なでしこリーグも再延期、開幕は5月に INAC神戸は新たに公式戦4試合が延期対象に

LINEで送る
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/03/IMG-9595.jpg
INAC神戸レオネッサ

 女子サッカーの日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)は25日、新型コロナウイルスの影響により、4月4日から4月26日に開催予定のすべての試合について、開催延期を決定したと発表した。10日の時点で3月開催分の延期がすでに発表されており、Jリーグと同じく、新型コロナウイルスの影響が終息する見通しが経たないなかで、再延期を余儀なくされた。開幕は早ければ5月2日の見通し。延期分の代替開催日およびチケットの取り扱いについては、決定次第、告知される。

 神戸を本拠地とするINAC神戸レオネッサは、新たに2020プレナスなでしこリーグ1部の3試合と、2020プレナスなでしこリーグカップの1試合が追加で延期の対象になっている。なお、5月2日の開幕となった場合、INAC神戸の初戦は、伊賀FCくノ一三重とのアウェイ戦(パロマ瑞穂スタジアム)となる。

◇INAC神戸レオネッサ 延期分の試合
・2020プレナスなでしこリーグ1部
第1節 3/22(H)vs アルビレックス新潟レディース
第2節 3/29(A)vs 愛媛FCレディース
第3節 4/5(H)vs セレッソ大阪堺レディース
第4節 4/18(A)vs 日テレ・東京ヴェルディベレーザ
第5節 4/26(H)vs 浦和レッドダイヤモンズレディース

・2020プレナスなでしこリーグカップ
第1節 4/12(A)vs オルカ鴨川FC

※(H)=ホームゲーム、(A)=アウェイゲーム