J1・神戸の酒井高徳、新型コロナウイルス感染症で陽性反応

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 サッカー・J1のヴィッセル神戸は30日、DF酒井高徳(29)に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことが確認されたと発表した。

 クラブの発表によると、3月25日夜中に体調不良と発熱が出た酒井は、翌26日のトレーニングを欠席。その際は体温37.6℃で、頭痛、鼻閉感を覚え、兵庫県内の病院で急性上気道炎と診断された。その後、27日夜に再び38.0℃の発熱が出て、頭痛、咽頭痛を発症。28日に体温は35.8℃へ下がったものの、軽度の頭痛と、においを感じない症状があったため、医師の助言を受け、同日午後に兵庫県内の病院でPCR検査を実施。30日午後5時にPCR検査の陽性判定が出た。

 神戸のクラブ内で、酒井以外の選手やスタッフで新型コロナウイルス感染症や風邪の症状等は出ていないとのことだが、保健所の指導を受け、濃厚接触者の特定やトレーニング施設の「いぶきの森球技場」の消毒等の対応を行っていくという。クラブとしては、今後のスケジュールや調査結果についても、Jリーグ、兵庫県、所轄の保健所と連携し、適切なタイミングで公表することを告知している。

酒井
ヴィッセル神戸の酒井高徳(Photo by T.MAEDA)