姫路市「予断を許さない状況も全力で対応」清元市長が動画でメッセージを配信

LINEで送る

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、姫路市は清元秀泰市長から市民に向けたメッセージ動画を10日から公開している。動画共有サイトのユーチューブで見ることができる。姫路市では動画を公開した時点で27例の感染が確認されている。

姫路市の清元秀泰市長(姫路市公式Youtubeより)
姫路市の清元秀泰市長(姫路市公式YouTubeより)

 清元市長は、3分4秒の動画の冒頭で「姫路市では当初、感染経路が特定できた方がほとんどだったが、感染経路がわからない方も発生しており、予断を許さない状況」と市の現状を説明。「国や県の措置方針を踏まえ、市民の皆様の安心安全を第一に全力で対応している。力を合わせてこの難局を乗り切っていきましょう」と市民に呼びかけた。

 他には、▼5月6日までは人との接触を極力避ける、▼不要不急の帰省や旅行の自粛、▼「密閉空間・密集場所・密接場面(3密)」の回避、などの必要性を改めて強調。「これらの行動が、自身の感染リスクを下げるだけでなく、多くの人の命を救うことにつながる」とした。また「憎むべきは感染症であり、SNS等でのデマの拡散や、いわれのない誹謗中傷などをしないでください。あなたの見識と人間性が試されている」と強く訴えかけた。

 姫路市は日本語版とともに、英語版も公開している。


日本語版(3分4秒)https://youtu.be/TzDq6-QiLx8
英語版(2分26秒)https://youtu.be/Lnl_hiufl0o