「最後のとりで」 深刻な院内感染、医療崩壊阻止を 神戸・2つの病院 神戸市初の死者も

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

神戸市立医療センター中央市民病院(神戸市中央区)で11日、新たに看護師ら13人に新型コロナウイルスへの感染が確認された。すでに判明した入院患者1人を含め感染者は合わせて14人。院内感染の可能性がある。中央市民病院は兵庫県が重症者を受け入れる新型コロナウイルスの拠点となる3つの病院の1つ。新規の入院患者や外来の受け付けを中止し、新型コロナウイルスの重症患者に限って、受け入れを続ける。
14人の内訳は、患者3人、看護師7人、ほかの医療スタッフ4人。4つの病棟と人工透析室で感染が疑われ、すでに閉鎖した。

また13日には神戸赤十字病院に勤務する4人の医師が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。4人は、12日に感染が発覚した神戸赤十字病院の女性職員と接触があった職員ら約60人を対象に行ったPCR検査で感染が確認された。

会見で説明する神戸市健康局の花田裕之担当局長
会見で説明する神戸市健康局・花田裕之担当局長(13日午前 神戸市役所)

職員らが勤務していた病棟については、消毒作業を実施するため、13日の外来診療や救急の受け入れを停止するほか、患者の入退院を制限する。

神戸市健康局は「赤十字病院もコロナウイルス患者を受け入れている病院でもあり、医療提供体制に影響が出る可能性もある。今後、一層の医療体制の確保に努めたい」とコメントした。


また神戸市は13日、市内の病院に入院していた患者1人が、12日に死亡したことを明らかにした。神戸市内で感染者の死亡が確認されたのは初めて。




LINEで送る