「コロナ対策で支援」詐欺被害40万円 尼崎の男性、特別貸付うたった文書にだまされ…

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 尼崎市在住の男性が(29)が、新型コロナウイルス対策への融資名目で現金約40万円をだまし取られ14日、尼崎南警察署に被害届を出した。

尼崎南警察署
男性は「緊急特別貸付のご案内」との文書にだまされ約40万円振り込む

 10日、男性が市内で営む飲食店に「緊急特別貸付のご案内」と書かれたファクスが届き必要事項を書いて送り返したところ、融資会社を名乗る男から電話で「コロナ対策のために低金利で支援している。融資をするために保証金が必要だ」などといった説明を受け、指定された銀行口座に現金約43万8000円を振り込んだ。

 男性が保証金を振り込んだ後、さらに現金を要求されたため不審に思い被害に気付いたという。尼崎南警察署が詐欺事件として調べている。

LINEで送る

関連記事