神戸のクリエーターらが協力して作ったポータルサイト『神戸おいしいマルシェ』でメニューをテイクアウトしよう

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大により外食の自粛が進むなか、増えているのが新たにテイクアウトを始める飲食店だ。そこで、どの店がテイクアウトを行っているのか、情報をひとつにまとめたポータルサイト『神戸おいしいマルシェ』がオープンした。

『神戸おいしいマルシェ』では、神戸市内を中心に西宮、芦屋エリアから姫路エリアまでの、飲食店のテイクアウト情報を公開。おいしそうなメニューの写真や価格、お店からのコメントを添え、先払いチケットサービスや料理宅配サービスのウーバー・イーツを行う店も紹介している。

 また居住地や食の好みで選べるよう、エリアやジャンル、販売方法から店舗検索できる機能も付け、利便性に配慮した。各飲食店が発信するツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのSNSともリンクさせているから、最新情報も確認しやすい。

「見た目が美しく、きちんと内容が整理された専用サイトを目指しました。各飲食店がSNSなどで独自に発信する宣伝は、他の数多くの情報に埋もれがち。情報が欲しい人に正しく届くよう心がけました」と話すのは、サイトの企画・広報を手がける神戸デザインセンターの濱章浩さん。サイトの構築は、「KENZO724.」代表の中西健蔵さんが担当した。案を出し合いながら作り上げたサイトを見て、活動を知った賛同者らとともに、今は運営、活動を行っている。

「いま、掲載店舗は100店舗ほどですが、まだまだ募集中です。ひとりで頑張らず、協力してこの大変な時期を一緒に乗り越えましょう」と話している。(取材・文=國松珠実)


『神戸おいしいマルシェ』
https://kobe-oishii.com/
※Facebookでは、追加した店舗やエリア情報を発信している
https://www.facebook.com/kobe.oishii/

LINEで送る

関連記事