「見えぬ敵、この国に問う」勝海舟・玄孫が語る 髙山みな子さん 新型コロナウイルスに思う

勝海舟
(写真6枚)

4月29日、昭和の日。昭和から二代をさかのぼる明治維新へ突入する直前、ただの漁村であった神戸に、港町としてのポテンシャルを見い出した人物がいた。勝 海舟(1823~1899)。神戸海軍操練所は1864年に海舟の進言で設置される。 戊辰戦争の際に西郷隆盛と協議して江戸無血開城に導いた幕臣・海舟は、明治維新後も新政府で要職を歴任。

関連記事