コロナに負けない! ギネスに認定 「焼ビーフン」

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、外出の自粛が続いている。買い物の回数を減らすため、食料品をある程度ストックしている人も多いだろう。非常事態宣言が出された直後には、スーパーの棚からカップ麺やパスタなど、長期保存のきく商品は品薄になっていることもある。

 神戸市に本社をおくケンミン食品。といえば、焼ビーフン。その「ケンミン焼ビーフン」が今年1月、「最も長く販売されている焼ビーフンブランド」として、ギネス世界記録に認定された。誕生したのは1960年。世界で初めての味付きビーフンとして、「ビーフンを食べたことのない」、「作り方がわからない」、「作っても失敗する」といった課題を解決し、「誰でも簡単にプロの味ができる」ところが評価された。世界一簡単においしくできる米めん商品として、年間1500万食を売り上げている。

「ケンミン焼きビーフン」
「ケンミン焼ビーフン」

 今回の外出自粛、在宅勤務の影響もあって、焼ビーフンの売り上げも好調。冷凍めん、乾麺の通信販売での売り上げが、1年前の同じ時期に比べると、この3月は186パーセント、つまり1.8倍。4月の売り上げも確定はしていないものの1.5倍を越えているという。

 その人気の秘密は? ケンミン食品によると、まず、超薄型包装。冷凍めんだと、冷凍うどん2個のスペースに4個入る。そして、レンジで温めるだけで、手作りの味が楽しめる手軽さが、今の状況に会っているのではないかと分析する。

 さらに、1食272キロカロリーと、運動不足、「コロナ太り」が気になる人にも注目されているのではないか、としている。

 そして乾麺も、フライパンひとつで調理できるもの。ベースの味がついているから調味料は不要。ゆで戻しの必要もなく、お好みの野菜、もしくは冷蔵庫にある野菜を一緒にフライパンに入れて加熱し、3分ででき上がり。こちらも手軽。この特長が現在の状況にかなっているのではないかという。

 さらに、ビーフンは油で揚げるとパフ化してしまうため「ノンフライ」。原料は米粉なので「グルテンフリー」。カロリーも低い。これらの点も注目のポイントではないか。

 でも、いつも同じ味だと、変化が欲しくなる。そこで各料理界のシェフとコラボした「シェフが創るまかないビーフンレシピ」をホームページで公開している。第1弾として4月21日から掲載されているのは、パティシエエスコヤマの小山進シェフによる「パティシエが創るまかないビーフンレシピ」で、「パティシエらしさを出そう」とヨーグルトを使った1品、「ヨーグルトと塩麹のスープビーフン」が紹介されている。そこからリレー形式で一流シェフによるビーフンレシピがつながれていき、20ほどの「驚きのビーフンメニュー」が公開される予定だ。

 また、料理レシピサイト「クックパッド」企画として、「おうちごはん応援特集、こどもと一緒に何食べよう」というコンテンツも登場。アレンジメニューが並んでいる。

 ケンミン食品の広報は、「おいしい、楽しい、驚きのビーフンの世界を知っていただき、少しでも皆さんの役に立ちたいという想い」としている。

 これまでのおなじみの味とは違う新たな楽しみ方を見つけてはどうだろう。自分のオリジナルレシピを考えるのも、”STAY HOME”の今だからこそ、じっくり取り組めるのではないか。

※ラジオ関西『PUSH!』2020年5月5日放送回より


ケンミン食品 ホームページ
https://www.kenmin.co.jp/

PUSH! | ラジオ関西 | 2020/05/05/火 16:30-17:35

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事