姫路市ジュニアオーケストラ 募集期間を延長

LINEで送る

 この夏に発足する「姫路市ジュニアオーケストラ」の募集期限が5月15日に迫っていたが、新型コロナウイルスの影響で、募集期間を延長することになった。

姫路市ジュニアオーケストラ
(画像提供:姫路市文化国際交流財団)

 このジュニアオーケストラの設立を提言した作曲家の池辺晋一郎さんは、数多くの交響曲や合唱曲を生み出し、NHKの大河ドラマ『独眼竜政宗』(1987)、『元禄繚乱』(1999)のオープニングテーマや、宮崎駿監督のアニメ『未来少年コナン』の音楽を手掛けたほか、コンサートホールの館長や音楽コンクールの審査員なども務めてきた人物。そんな池辺さんが2018年に姫路市文化国際交流財団の芸術監督に就任し、姫路市の芸術文化をさらに盛り上げるプロジェクトの一つとして、今回のメンバー募集に至った。

 対象は、小学4年生から25歳以下で、希望楽器の経験年数が1年以上であること。パートは、ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバス・フルート・クラリネット・オーボエ・ファゴット・トランペット・トロンボーン・ホルン・チューバ・打楽器。

 団員募集期間の延長に伴い、オーディションも日程を延長して行う予定。合格者は、姫路市文化センターやパルナソスホールで月3回~4回練習を行い、定期演奏会や出張演奏会、そして、「音楽のまち・ひめじ」事業での演奏を予定している。

 この事業を担当する姫路市文化国際交流財団振興課の中田信さんは、「姫路市から世界へ羽ばたくアーティストが育ち、地元に帰ってきて後進の指導に協力してもらう。そのような文化が継続して発展するサイクルを創り上げたい。仲間とともに一つの音楽を創り上げることがオーケストラの醍醐味なので、それを楽しみたい人にぜひ応募してほしい」と期待を膨らませている。

 申し込み・問い合わせは、姫路市文化国際交流財団「姫路市ジュニアオーケストラ」係(電話079-298-8014)まで。応募用紙はホームページからダウンロードできる。

 世界への第一歩、そして姫路の未来を担う創設メンバーとして、オーケストラの一員を目指してみてはいかがだろうか。

姫路市文化センター
拠点となる姫路市文化センターの大ホール(写真提供:姫路市文化国際交流財団)
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/05/-e1588842035771.jpg
拠点となる姫路市文化センター(写真提供:姫路市文化国際交流財団)

※ラジオ関西『田辺眞人のまっこと!ラジオ』2020年5月8日放送回「わがまちひょうご」より


公益財団法人姫路市文化国際交流財団 姫路市ジュニアオーケストラ
http://himeji-culture.jp/21juniororchestra.html

田辺眞人のまっこと!ラジオ | ラジオ関西 | 2020/05/08/金 15:00-16:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事