神戸元町で、「ここでしか味わえない」至高のミルクジャムと焼き菓子を

LINEで送る

この記事の写真を見る(4枚)

 洋菓子の文化が盛んな街、神戸。その歴史は古く、今や、洋菓子店を巡るために神戸に観光に訪れる人も少なくない。

 神戸・元町にある「patisserie AKITO(パティスリーアキト)」は、ミルクジャムをはじめ、多彩なジャムやケーキ・焼き菓子等を取り揃えた唯一無二の洋菓子店だ。

外観
「patisserie AKITO(パティスリーアキト)」

 オーナーシェフの田中哲人氏は、神戸ポートピアホテルなど有名ホテルに勤務した後、「ホテルピエナ神戸」のシェフパティシエに就任し、牛乳を使って作られたミルキッシュジャムを考案した。当時あまり知られていなかったミルクジャムを一躍メジャーなものとした第一人者だ。まさに原点ともいえるこのジャムをもっと世に広めるため、2014年、夢のパティスリーをオープンしたのである。

patisserie AKITO 田中哲人オーナー
patisserie AKITO 田中哲人オーナー

 パティスリーアキトのミルクジャムは、淡路島産の牛乳を原料に、2時間かけてじっくり煮詰めて作り上げられている。芳醇な香り、濃厚なコク、とろけるような食感は、ここでしか味わえない。考案当初から、少しずつ改良が重ねられており、そのときの最高の逸品をいただくことができる。

 最高の食べ方を聞いてみると、田中さんいわく、「やはりパンにつけて食べるのが一番」。焼いていないふわふわの食パンにも、トーストしたさくさくの食パンにも、とてもよく合う。プレーンなものから、大好評のピスタチオ・定番人気のアールグレイなど各フレーバーも試してみたい。

ジャム
patisserie AKITOのミルクジャム
店内
patisserie AKITOの店内の様子

 新型コロナウイルスの影響で、イベント・催事が中止となっている今、「改めてじっくりとお菓子と向き合う時間になっている」と田中さんは語る。

 過去に作ったケーキを見直したり、復刻版を作ったり、新作の構想に日々想いを巡らせているそうだ。どうなるかわからない未来に、不安を感じないわけではない。本当は、お店に来てくださいと言いたいけれど、言えない……。そんなもどかしさも打ち明けてくれた。作り手の思いや真の魅力は、対面の販売だからこそ伝えられるものなのだ。

 現在、5月いっぱいの限定の企画として、パティスリーアキトをはじめ神戸元町にある「コンパルティルバロール」「パティスリーモンプリュ」の3店舗の味を同時に味わえる焼き菓子の詰め合わせセットがオンラインで販売されている(1箱10個入り、税込1900円)。

 同店のオンラインショップでは、このスイーツボックスの他にも、焼き菓子やジャムも購入できる。

 進化を続ける至高のミルクジャム。この自粛期間でさらに磨きのかかったパティスリーアキトのスイーツを味わい、甘く幸せなときを過ごしたい。

※ラジオ関西『PUSH!』2020年5月13日放送回より


「patisserie AKITO(パティスリーアキト)」
http://www.kobe-akito.com/

関連記事