飲食店「営業2時間延長、大きいですわ!」大阪府、16日に休業要請解除 兵庫県・京都府も15日解除判断へ

LINEで送る

この記事の写真を見る(5枚)

 大阪府は14日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、新型コロナウイルス特措法に基づく休業要請を16日午前0時から部分的に解除する。解除の条件とした独自基準「大阪モデル」を14日まで7日間連続でクリアしたことを受け、吉村洋文知事が判断した。

大阪府庁
「大阪モデル」は14日までに7日連続で達成した

 同じ特定警戒都道府県で隣接する兵庫県、京都府も独自基準を設けており、それぞれ15日に解除の可否を判断する。対象業種は大阪府とそろえる。

兵庫県庁
兵庫県・京都府も15日にも解除の可否判断へ

 ただしナイトクラブやライブハウスなど「クラスター」と呼ばれる感染者集が発生した業種は解除の対象外。

大阪・北新地
神戸・三宮

 飲食店の営業時間は2時間延長し午前5時から午後10時まで、酒類提供は午後9時まで。

 インターネットカフェやパチンコ店などは1000平方メートル以下の施設に限って認める。

■「大阪モデル」基準達成も外出自粛は継続

 大阪モデルは、▼感染経路不明者が10人未満、▼PCR検査で陽性になった人の割合が7パーセント未満、▼重症患者用の病床使用率が60パーセント未満――の3つの基準で構成される。14日までに7日間連続でクリア。

営業延長後も3密は守って…
営業延長後も3密は守って…

■「夜10時までの2時間延長、大きいです!」

 これまでは午後8時までの営業だったが、飲食店では午後10時までに。神戸・大阪の飲食店経営者は「酒類提供が午後9時までになるのが大きい。営業時間が午後10時までの2時間延長、この2時間でお客さんの流れが変わってきます。本来は午後11時までの営業ですが、その日が来るのを信じて、『3密』にならないよう細心の注意を払って気を引き締めます」と意気込む。

関連記事