始まった「新たな日常」じわり「動き出す街」 宣言解除後、初の週末

LINEで送る

この記事の写真を見る(8枚)

政府は21日、兵庫、大阪、京都3府県で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を解除した。東京など首都圏4県と北海道については再び感染状況などを評価し、25日にも解除される見込み。期限の31日を待たずに全国で解除されることになった。

神戸・三宮駅前
神戸・三宮駅前
大阪・阪急東通
大阪・阪急東通

■検温、ソーシャルディスタンスは当然

神戸市内の食堂では緊急事態宣言が解除された21日からカウンターで、客同士が密接にならないよう、1席ずつ空けて着席するよう促す「実はお客さんから指摘されて」。

ソーシャルディスタンス
DSC_3238

20日に天守閣が開城した大阪城では体温を確認したり集団感染が発生した場合に備えて氏名や電話番号などを記入したりして入館。

大阪城

大阪城公園へ散歩に訪れた親子連れ。自然と2メートル離れて座り休憩。「高校1年の娘がオンライン授業に抵抗があって。せっかくの高校生活、いつになったら始まるのか毎日不安な日々です」

親子の会話もソーシャルディスタンス

再開した関西の大手百貨店。入口にはサーモグラフィーを設置。

阪急百貨店・大阪うめだ本店
DSC_3197

たこ焼き店「くれおーる道頓堀店」は23日から「ソーシャルディスタンス『ひとり』タコパ」の提供を開始。4人掛けテーブルで利用は2人まで。

くれおーる道頓堀店
くれおーる道頓堀店
「ソーシャルディスタンス『ひとり』タコパ」道頓堀店のみの展開
「ソーシャルディスタンス『ひとり』タコパ」道頓堀店のみの展開