きっかけはハリウッド映画 防災に関わる会社で働く先輩社会人の就活エピソード

LINEで送る

 ラジオ関西『就活応援番組 ネイビーズアフロのレディGO! HYOGO』5月22日の放送では、先輩社会人ロールモデルに就活エピソードなどを聞く「就活レディGO!」のコーナーをテレワークで実施。神戸の防災会社「神防社」の並里麻依さんと塚本義希さんに電話で話を聞いた。

 防災に関わる設備の施工や保守点検など、防災に関わる業務を行う神防社は、創業が2008(平成20)年。その立ち上げメンバーにいたという並里さんは、1995年に起こった阪神・淡路大震災を経験したことから「神戸で防災に携わる仕事に就くというのは、大きな意味があると思う」と力を込める。

 その並里さんは、就活を始めた当初、消防官を目指していたという。きっかけは、小学生の頃に観たハリウッド映画「バックドラフト」に登場する消防士、ブライアン(ウィリアム・ボールドウィン)の雄姿に憧れたこと。その後、並里さんは消防官になる夢こそ叶わなかったものの、防災への思いは継続し、現職に至る。

 一方、塚本さんは総務として人事も担当。今の会社は、産休・育休だけでなく子どもがいる社員の在宅勤務や時短勤務など、女性にとって働きやすい環境が整っていると、神防社の魅力を語った。

 最後に2人は「就職が難しい時期だけど、自分に合った仕事が見つかるはずなので、視野を広げてみてほしい」(塚本さん)、「就活は悩むことも多いだろうけど、自分の直感を信じてみるのも大事」(並里さん)と、就活生へアドバイスを送った。ネイビーズアフロの皆川、はじりも「どこに就職しようか迷ったとき、昔憧れた映画を思い出してみるのもいいかもしれない」と、就職先を選ぶきっかけになる、新たな着眼点に気付きを得ていた。

(写真:ラジオ関西)

『ネイビーズアフロのレディGO!HYOGO』
番組Twitterはこちら Amazonギフト券3,000円毎週1名様にプレゼント!


『ネイビーズアフロのレディGO!HYOGO』2020年5月22日放送回(「就活レディGO!」音声)

ネイビーズアフロのレディGO!HYOGO | ラジオ関西 | 2020/05/22/金 23:00-24:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事