概念を破る!神戸の贅沢エクレア 専門店「BISPOCKE」

LINEで送る

この記事の写真を見る(8枚)

外観
『BISPOCKE(ビスポッケ)』神戸本店

 神戸・旧居留地のほど近く、三宮センター街トアロード寄りの路地を少し進むと、かわいらしい小鳥のロゴが見えてくる。どこまでも「神戸らしさ」を追求した街の洋菓子店『BISPOCKE(ビスポッケ)』だ。「心がはずむ」「食べるとうれしくなる」をコンセプトに作られた、神戸発・新食感の「エクレア」を紹介しよう。

左から奏(おと)のエクレア・山のエクレア・海のエクレア
左から「奏(おと)のエクレア」、「山のエクレア」、「海のエクレア」

「神戸はいろいろな文化が混ざって新しいものを生み出す街。そのことをお菓子で表現すべく、親しみのあるエクレアを進化させたんです」と話すのは、ビスポッケを運営する寿香寿庵(ことぶき・こうじゅあん)の宇多慶晃さん。商品の名前にも、素材にも、実は「K」「O」「B」「E」が隠された「BISPOCKE」という店名にも、神戸が詰まっている。

山のエクレア断面
「山のエクレア」

 定番商品は、「山のエクレア」(378円)。ベーシックだが、素材にとことんこだわり、山の恵みである木の実が散りばめられた、香ばしい味わいのエクレアだ。コクのある、なめらかで濃厚なカスタードクリームもたまらない。丹波の赤鶏から生まれた「村上さんちの赤卵」や六甲山麓牛乳など、兵庫県産の優しい素材が使用されているのも、うれしいポイントの1つ。

海のエクレア断面
「海のエクレア」

 そして、お店の一番人気「海のエクレア」(432円)は、まさに「進化」という言葉がぴったりな新食感スイーツ。ダックワーズのようなふわふわのビスケット生地でカスタードクリームをサンドし、チョコレートの上にこれでもかというほど生クリームがたっぷり乗せられている。しかし、しつこくない、甘すぎない。秘密は、生クリームに砂糖を使用していないこと。こだわりぬいた北海道産の生クリームは、絶妙なミルク感と、なめらかな口どけが特長で、砂糖なしでもやさしい甘さを感じさせてくれる。

奏のエクレア‐れもん‐断面
「奏のエクレア‐れもん‐」

 期間限定で8月まで販売されているのは、「奏のエクレア‐れもん‐」(454円)。マカロンのような、しっとりさくさくの黄色い生地に、さわやかなレモン風味のチーズクリームがサンドされ、砂糖不使用の生クリームが惜しみなくトッピングされている。この見事なハーモニーたるや……。大きな口で頬張ると、チーズとレモンとの香りが口いっぱいに広がり、生地の食感がとても楽しい。ほんのり甘い生クリームが後味を軽くしてくれる。

ショーケース
店内

 神戸のパティシエを中心に試行錯誤を繰り返して作られたお菓子たち。「大人になっても、お菓子を食べるときぐらい無邪気で自由な気持ちになってもらいたい」という想いが込められている。

 オシャレな街で、オシャレなスイーツを。神戸を存分に感じられるビスポッケのエクレア。口の周りをクリームだらけにしながら頬張ってみたい。

売り子さんの写真

BISPOCKE
http://bispocke.jp/

株式会社寿香寿庵
http://www.kotobukikoujyuan.co.jp/

関連記事