『感謝を込めて花を贈ろう』神戸のフラワーショップが提案

LINEで送る

 神戸のフラワーショップで、コロナ禍で自粛中にお世話になった人たちへ、感謝の気持ちを込めて花を贈るキャンペーンを始めた。

 キャンペーンを始めたのは神戸市中央区の「フラワーショップ フルラージュ」(本社:兵庫区 神港農園芸株式会社)。仕事の間に子どもを預かってもらったご近所さんや、手作りマスクを送ってくれた祖父母など、自粛期間中にお世話になった方々へ、まずは緊急事態宣言が解除になったこの一区切りのタイミングで感謝の気持ちを伝えてほしいと考え、企画したという。

「フラワーショップ フルラージュ」
「フラワーショップ フルラージュ」が感謝の気持ちを込めて花を贈るキャンペーンを実施

 店長の河村さんは「どなたにも自粛中にお世話になった方がいるはず。まずは『ありがとう』の気持ちを、花を通じて伝えてほしい」と話す。

 感謝の花は、現在、フラワーアレンジメント(3,300円、税込)、ガーデニングセット(税込2,200円)、観葉植物(税込1,100円~)などを用意。現在はフルラージュのオンラインショップで販売。予算に合わせてアレンジも可能となっている。期間は7月まで。神港農園芸(株)の販売店「Fleurage-フルラージュ-」の2店舗(三宮店・デュオこうべ店)でも取り扱っている。

 問い合わせは、フルラージュ三宮店(078-333-3338)、デュオこうべ店(078-599-9725)、オンラインショップは、「フラワーショップ フルラージュ」で検索。

アレンジメント
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/05/IMG_4481-1.jpg

神港農園芸
https://www.shinko-noengei.com/