5月に現役を引退したV1姫路・高木理江「バレーボールを通していろいろなことを学ばせてもらった」

LINEで送る

 女子バレーボールのトップカテゴリー、Vリーグ1部(V1)のヴィクトリーナ姫路応援番組『いいな117ヴィクトリーナ』(ラジオ関西)。6月1日放送回の前半では、5月に現役引退を発表した高木理江さんのロングインタビューがオンエアされた。

高木理江選手
高木理江さん(写真提供:姫路ヴィクトリーナ)

「やり切ったという一言です」と引退後の率直な気持ちを語った高木さんは、2011年に以前のチームJTマーヴェラスを退団後、6年間競技生活を離れ、2017年にヴィクトリーナ姫路で現役復帰した経歴を持つ。

 復帰の決め手となったのは、JT時代のチームメイトでもあった前監督の竹下佳江取締役球団副社長だった。

「一番はJTの頃にお世話になっていたテンさん(竹下さん)に直接声をかけてもらって、それにあたって自分で力になれることがあるのであれば、恩返しになるのかなと思って挑戦してみようと思った」と振り返る。

 V1リーグでは通算248試合に出場したが、「意識していたわけではないし、改めて数字を聞いても正直『ああそうなんだ』という感じで、特別な思いはない」という高木さん。バレーボール人生の思い出として、「バレーボールをしなかったら出会えなかった人がいたし、経験できなかったこともたくさん経験させてもらえたし、バレーボールを通していろいろなことを学ばせてもらった」とバレーボールのなかで得た数々の学びを挙げた。

 ヴィクトリーナでは最年長としてチームを引っ張ってきた高木さんだが、「私個人としては最年長だからこうしなきゃいけないとか、こうするべきだっていうのは、意識はしていなかった。自分がしなきゃいけないこと、やりたいことをとにかくやっていたという感じなので」と話す。

 高木選手をはじめ、2019-20シーズンでチームを支えたベテランメンバーが退団し、2020-21シーズンを若い選手たちで戦っていくことになるヴィクトリーナ姫路。これからのチームに対しては、「若い選手ばかりになるので、それだけ無限の可能性がある。強いチームになるのはもちろんのこと、いろいろな意味で魅力のあるチームになってほしい」とエールを送った。

 また、番組パーソナリティーで、ヴィクトリーナの元選手だった菅原未来(現クラブスタッフ)が、高木選手とのエピソードも披露した。

 菅原が小学生の頃、JT時代の高木さんが北海道芦別市に合宿で訪れた際、サインをもらったことを告白。この話を初めて聞いた高木さんも驚きを隠せない様子を見せた。

 そして選手として初めて会ったときに「本物の高木さんや!」と思ったが、想定外の低音ボイスに驚き、言葉が全く頭に入ってこなかったと話して、笑いを誘った。

 他にも、菅原がまだチームに入ったばかりの頃、ネイルを褒められてうれしそうに笑う高木さんを見て「理江さんって笑うんだ」「かわいいところあるな」と、現役時代にはなかなか言えなかったことを話した。

 最後に高木さんはファンに向けて、「3年間本当にたくさんの応援ありがとうございました。これからは皆さんと一緒にヴィクトリーナ姫路を盛り上げていきたいと思いますので、一緒に応援していきましょう」とメッセージを送った。

『いいな117ヴィクトリーナ』パーソナリティーの菅原未来(写真:ラジオ関西)
『いいな117ヴィクトリーナ』パーソナリティーの菅原未来(写真:ラジオ関西)

いいな117ヴィクトリーナ | ラジオ関西 | 2020/06/01/月 17:35-17:50

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事