今春センバツ出場校が聖地・甲子園で8月に交流試合 兵庫は明石商

LINEで送る

 日本高等学校野球連盟は10日、今春のセンバツ(第92回選抜高等学校野球大会)に出場するはずだった32校を招待し、阪神甲子園球場(西宮市)を会場に各校1試合ずつを行う「2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)」を8月に行うことを決めた。同日開いた理事会で了承した。兵庫県からは明石市立明石商業高校が出場の対象となる。

阪神甲子園球場

 交流試合が行われる日程は8月10日~12日、15日~17日のあわせて6日間で、雨天の場合は順延となる。原則として無観客試合とし、開会式や抽選会などはオンライン上で行われる見通し。また、通常のいわゆる「甲子園大会」では登録できる選手は18人だが、特例として20人に拡大される。一方で、家族や登録外の部員などの学校関係者が観戦できるかどうかなどは、今後の新型コロナウイルスの感染状況によって決めるという。

 3月11日に春のセンバツ、5月20日に夏の甲子園(第102回全国高等学校野球選手権大会)がそれぞれ開催中止と発表されたが、「新型コロナウイルスと共存しようと、新しい生活スタイルが提案されている。特に3年生に一人でも多く、甲子園の土を踏ませてあげたい」(日本高野連担当者)として開催が決まった。

 ただし、招待された32校が参加できない場合や出場を辞退した場合は補欠校(取り扱いは後日決定)が繰り上がり出場する。なお、オンライン抽選会は、試合日や試合順などで招待校の事情を考慮したうえで、7月18日に行われる。

日本高等学校野球連盟

関連記事