独自の兵庫県大会、最高で5回戦まで メンバー変更可能 高校野球

LINEで送る

 兵庫県高等学校野球連盟は15日、独自に開催する夏の県大会について、開催要項の案を公表した。日程は7月18日から8月7日までの12日間で、県内の14の球場が舞台になる。地区ごとに4回戦(但馬・丹波地区は5回戦)までトーナメント戦を行い、ベスト16が出そろったあとに抽選を実施。その後、全県規模の5回戦でベスト8までを決める。

 各校の試合数は1試合から最大6試合で、会期の延長がないため雨天順延などがあればそれ以前に大会が終了する可能性もある。熱中症を避けるため雨天順延などがなければ2日続けて同じ高校が試合をすることはなく、一つの会場では1日2試合までとなる。

 会見した兵庫県高野連の福留和年理事長は、「兵庫県は加盟校数が多く、球場や日程などを勘案しても(県大会を開催)できて1試合かなと思っていた。開催しないという意見も出たが、様々な方の努力や関係機関の協力があり、開催できることに感謝の気持ちでいっぱい。最後(決勝戦)まではできないが、3年間の成果、チームとしての1年間の成果を発揮してもらえることを切に願う」と述べた。

会見した兵庫県高野連の福留和年理事長(15日午後=神戸市内)
会見した兵庫県高野連の福留和年理事長(15日午後=神戸市内)

 参加の申し込みは19日に締め切られるが、15日午前の時点ですでに1校が部員不足のため辞退を申し出ている。また、4校が2校ずつの連合チームを組む方針を示している。地区ごとに行う4回戦までの抽選は、参加校数が確定したあとの7月1日以降に行われる。

 主な変更点や特徴は以下の通り。

■試合ごとに20人のメンバー変更OK、生徒や顧問が審判員

 選手登録は20人で、試合ごとのメンバー変更は認められる。ただし、背番号のみの変更や一度登録を外れた選手の再登録は認められない。また、会場が増えていることや熱中症対策のため、各地区での講習会に参加した生徒や顧問が審判を務める。

■試合は原則無観客、会場や試合時間は非公表

 試合は原則無観客で、控え部員と3年生の保護者に限り観戦が可能。プロ野球などのスカウトが観戦できるかについては、日本高野連の決定を待つ方針。また、対戦カードは公表されるが、各校が試合を行う会場や試合時間は、観客の殺到を避けるため公表されない。

■徹底した感染防止対策

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、試合前に部員などの体温・体調の確認ならびに提出を義務付ける。観客席では鳴り物やメガホンの使用が禁止となるほか、まとまって声を出しての応援はできない。

写真は、例年、高校野球の舞台となっている、ほっともっとフィールド神戸。今回の大会は、試合は原則無観客、会場や試合時間は非公表に(写真:ラジオ関西)
写真は、例年、高校野球の舞台となっている、ほっともっとフィールド神戸。今回の大会は、試合は原則無観客、会場や試合時間は非公表に(写真:ラジオ関西)

関連記事