コロナ第二波に備え 医療体制を強化 兵庫県の井戸知事

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 兵庫県の井戸敏三知事は16日、ラジオ関西の番組に生出演し、6月15日時点で新型コロナウイルス感染者が30日間連続でゼロを更新していることを踏まえ、第二波への備えなど今後の医療体制について説明した。

井戸敏三知事
緊急事態宣言下では知事執務室からの電話出演が続いていた井戸知事。この日はラジオ関西のスタジオから生出演した(右)。左はラジオ関西の三上公也アナウンサー(写真:ラジオ関西)

 井戸知事は「兵庫県は11年前の新型インフルエンザの経験で、感染症が発生した場合に医療や検査体制、学校、民間事業者など様々な対策を網羅した対処方針を定めており、それに沿って県民のみなさんに情報提供し、理解していただくやり方をしてきてきた」と述べた。

 病院については、「県立加古川医療センターを拠点に、神戸市の神戸市立医療センター中央市民病院、尼崎の県立尼崎総合医療センターを特定病院とし、この3つを中心に公立と民間のネットワークをつくっている」とし、「特に重視したのは重症者の病床確保。ベット数は最大515床。うち重症者用は70床確保した。院内感染などが発生したが、医療崩壊は招かないですんだ」と振り返った。

 新たな発症者が30日間もゼロを続けていることから、態勢を縮小してベット数200床、うち重症者用40床とし、「1日10人以上の発症者がでる事態になれば、直ちに強化していくシナリオができている」と強調した。

 また、広域的な入院調整を行う「感染症コーディネートセンター」を県に設置、一つの保健所管内で患者をさばけない状況が起きた場合には、センターで一手に引き受けて対応する体制を整備する。

 医療資機材についても、「実際に不足するケースはほとんどなかったが、在庫が減り補充の見込みがないという不安な状況があった」とし、「各病院には3か月分は在庫を持ってもらい、県も病院の要請に基づいて6か月分を確保する計画を実施に移していく」方針という。

※ラジオ関西「こちら知事室!井戸敏三です」2020年6月16日放送回より

三上公也の朝は恋人 (2) | ラジオ関西 | 2020/06/16/火 08:00-09:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事