神戸アンパンマンミュージアム「おでむかえひろば」がリニューアル

LINEで送る

この記事の写真を見る(5枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため2月末から臨時休館となっていた「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール(=神戸市中央区)」が6月22日から営業を再開し、ミュージアム内にある「おでむかえひろば」のリニューアルした姿が公開された。

リニューアルした「おでむかえひろば」のようす
リニューアルした「おでむかえひろば」のようす(写真=ラジオ関西)

「船と港」がテーマとなっており、広場の入口には大きな船が登場。船首にはアンパンマンが立ち、子どもたちをアンパンマンの世界へと導いてくれる。

 広場の中には、操舵ごっこや積み荷のボタン遊びができる仕掛けがあり、子どもたちの好奇心をくすぐること間違いなし。また壁をよく観察すると“隠れアンパンマン”も……!?

実際に船に乗り込んだ気分で操舵ごっこができる
実際に船に乗り込んだ気分で操舵ごっこができる
積み荷の中には楽しい仕掛けも
積み荷の中には楽しい仕掛けも
よく観察すると見つけられる?”隠れアンパンマン”
よく観察すると見つけられる?”隠れアンパンマン”

 窓からは神戸港の景色が見えるので、船や港をよりリアルに感じることができる。神戸ならではの空間をぜひ体験してみてほしい。

 現在入館については事前のチケット購入が必要。入館する3日前の午前10時00分から購入が可能となる。

 また、営業再開にあたっては、館内の遊具や手すりなどにウイルスを分解除去する「光触媒」が施されたほか、入口では入館者全員に検温と手指消毒が実施される。

やなせたかし劇場で開催されるステージショー
やなせたかし劇場で開催されるステージショー

 一方、キャラクターたちのグリーティングや1階のショッピングモールで開催されるステージショーなどは、現在も実施を見合わせており、2階ミュージアムにある「やなせたかし劇場」のステージイベントでのみアンパンマンに会うことができる。この「やなせたかし劇場」でのステージは通常1日3回程度だったが、ひとりでも多くの子どもたちがアンパンマンに会えるよう、当面は上演回数を大幅に増やして運営される。なお現在休止中のアトラクションの再開については、今後の状況を見て検討する方針だという。

関連記事