「50年に1度」クラスの高潮に備え 兵庫県、10か年計画策定「かつてない」から「経験生かして」

LINEで送る

この記事の写真を見る(4枚)

 そのうえで青木教授は「阪神・淡路大震災以来、津波に関しては防災意識の高まりとともに、さまざまな対応があったが、高潮に関しては実際にどういう被害をもたらすのか、イメージできず準備不足だったのは否めない。今後は津波と同じように対策を立てなければならない」と指摘している。

LINEで送る

関連記事