「進撃の巨人展」が神戸に あのランドマークの壁から巨人が出現!

LINEで送る

 諫山創原作、単行本発行部数で全世界累計1億部を突破した人気コミックス「進撃の巨人」。壮大なスケールと、手に汗握る死闘の数々を経て、現在、クライマックスへと向かっている物語の世界観を今一度楽しめる「進撃の巨人展FINAL ver.神戸」が、大丸神戸店9階大丸ミュージアムで始まった。

進撃の巨人展
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/07/P1000677-e1595815379246.jpg

 会場には、初公開の新原画2点を含む、諫山氏が描いた91点の原画が展示される。新しく会場に並ぶのは31巻収録の第123話『島の悪魔』から3ページ分で、原画展示について作者の諫山氏いわく「印刷には写らない部分も見て欲しい。ホワイトを重ねて修正したり、原稿はある意味立体物のようなものだと思っている」とのこと。細部まで見逃せない。

進撃の巨人展

 特に注目したいのは、圧巻のジオラマシアター展示。「進撃の巨人」の世界に入り込んだような、臨場感たっぷりの仕掛けが楽しめるだろう。大型スクリーンにより、展示の一室が進撃の巨人の世界へと変貌を遂げる。戦場で繰り広げられる「壁の中」と「壁の外」の争いを、合計10分に及ぶ2つの映像で体験できるのだ。

進撃の巨人展

 展示の最後を飾るのは、壁一面を埋め尽くした大量の「ネーム」(漫画原稿を執筆する前の下描き)。筋書き発案段階の粗削りな筆使いや、編集者側の生々しい指示・ダメ出しを目の当たりにして作者のピュアな思いを共有できる。ロングインタビューを5分に凝縮した諫山氏のインタビュー映像からは、物語の舞台裏を垣間見ることができる。

進撃の巨人展

 進撃の巨人展クリエイティブディレクターの高草木博純さんは「キャラクターたちが、どういう想いやバックボーン、体験をもって生きているのか、戦い、悔しがり、挑戦しているのか、というのをわかりやすく展示した。作者の諫山創先生の描きたいことを伝えたい。展示映像にある本人ロングインタビューとあわせて楽しんでほしい」と語る。制作陣の情熱が肌で感じられる。

 このほか、諫山氏が制作に携わった小物が展示されている。作中のスカーフやマント、鍵など、諫山氏の頭の中にあるイメージを現実の三次元の立体物として表現したものだ。兵士ら登場人物が身近にいるような気分になり、作品の世界観に浸ることができる。

進撃の巨人展
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/07/P1000684-e1595815445411.jpg

 会場だけでなく、大丸神戸店のあちこちには様々な仕掛けが。大丸神戸店の北側外壁には、外壁から巨人が顔を覗かせているように見える大迫力の懸垂幕を設置。ショーウインドーでは、エレンやミカサなどの登場人物たちが「進撃の巨人展FINAL ver.神戸」を勧める広告も。全6か所に展示されているので、ぜひチェックしたい。

進撃の巨人展
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/07/P1000707-e1595815471731.jpg

 1階のトアロード玄関の先にあるメインステージには、作中に登場する「壁の中の巨人」と対峙するエレン、ミカサ、アルミン、リヴァイ、ジャンの姿が。思わず写真に収めたくなる、緊迫感のあるワンシーンになっている。さらにそのすぐ横には、穴から顔を出して自分が巨人になれるパネルも設置。巨人気分が楽しめるフォトスポットだ。そして9階の会場に向かう途中、5階の北東丸柱前にもユニークな展示が。独特な走り方で印象深い、奇行種の巨人のパネルと並走して記念撮影できる。

進撃の巨人展
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/07/P1000702-e1595815494861.jpg

 会場で数々の展示を楽しんだ後は、併設されたグッズショップ「リーブス商会コウベ出張所」でショッピングが楽しめる。進撃の巨人展FINAL公式図録(税込3,300円)や立体機動装置ペーパーナイフ(税込3,080円)、8連ポストカードセット(原作キャラクターアート/税込990円)、タペストリー(別冊少年マガジン2018年5月号表紙/税込3,300円)、クリアファイルホルダー付き28枚セット(税込11,000円)など、ファンの心をくすぐる限定グッズが100種類以上並ぶ。

 クライマックスが近づき、より白熱する「進撃の巨人」の世界観に浸りたい。漫画を読んだことがない人でも作品の壮大さに圧倒される。すでに漫画を読んだ人はもう一度俯瞰から見ることで、最終回へ向かう物語の山場を楽しめる。会場内では写真撮影やSNSでの共有が自由(グッズショップを除く)で全く規制されていないので、ここで味わった感動を多くの人と分かち合えるだろう。

■『進撃の巨人展FINAL ver.神戸』
【開催場所】大丸神戸店9階大丸ミュージアム(神戸市中央区明石町40番地)
【開催期間】2020年7月22日(水)~8月9日(日) 
【開催時間】各日午前10時~午後7時(午後8時閉場)※最終日は午後5時まで(午後6時閉場)
【入場料】一般・大学生1,200(1,000)円、中高生1,000(800)円、4歳〜小学生600(300)円、3歳以下無料
※( )内は大丸・松坂屋のクレジットカード、大丸・松坂屋アプリ会員のサファイアランク、大丸松坂屋友の会カード、ブライダル会員証のいずれかを持っている人の優待料金。
※小学生以下は保護者同伴が必要。
※混雑状況により、整理券での対応となり、待ち時間が発生する場合がある。また、各種入場券や優待券を持っていても、時間帯により入場できない場合がある。

※ラジオ関西『PUSH!』2020年7月23日放送回より


『進撃の巨人展FINAL ver.神戸』ホームページ
https://dmdepart.jp/museum/kobe/kyojinten/

展覧会公式ホームページ
https://www.kyojinten.jp/

PUSH! | ラジオ関西 | 2020/07/23/木 16:30-17:35

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事