パノラマの絶景が魅力 瀬戸内海・播磨灘を一望できる岬に注目! 兵庫・相生 

LINEで送る

 兵庫県の相生市といえば、『牡蠣』や『ペーロン』をすぐに思い浮かべる人も多いだろう。ただし、山陽新幹線の兵庫県西端の駅がある街には、絶景ポイントがあるのを、皆さんはご存じだろうか。

万葉1
「万葉の岬」の夕景

 その場所の名は、「万葉の岬」。JR相生駅からは南へ車で約20分、山陽自動車道の竜野西インターチェンジより車で約15分のところにあり、万葉集でもおなじみ、歌人の山部赤人の歌碑もある岬だ。

 相生湾の先端に位置し、瀬戸内海・播磨灘を一望できる、「万葉の岬」。この地域で一番高い位置にある展望台からは、感動もののパノラマの景色を堪能できる。また、春は桜、秋冬は椿が咲き、季節によってもいろいろと楽しめる。

万葉2
「万葉の岬」の昼景

「万葉の岬」にあるホテル、「HOTEL万葉岬」も営業を再開している。ホテルからの播磨灘の蒼、夕景、朝焼けの美しさが見られるのは、宿泊者の特権ともいえる。お手軽な日帰りプランも用意されており、うまい料理、温泉とともにぜひ訪れたいホテルだ。

万葉3
「HOTEL万葉岬」

 近隣には、毎日新鮮な魚が並ぶ相生市立水産物市場や、特産物が並ぶ道の駅・海の駅「あいおい白龍城(ペーロン城)」などもあり、「万葉の岬」を訪れた際には、あわせて立ち寄りたいものだ。

 なお、8月からスタートしたラジオ関西『PUSH!』内のコーナー、「ひょうご・おかやま ケンザカE!」では、兵庫県と岡山県の県境のエリア、「西播磨」「備前」「美作」の3つのエリアの情報を毎週伝えていく。

※ラジオ関西『PUSH!』2020年8月5日放送回「ひょうご・おかやま ケンザカE!(1)」より


【問い合わせ先】
「相生市観光協会」
電話 0791-22-7177
https://aioi.in/

「HOTEL万葉岬」
電話0791-22-1413
https://www.manyoumisaki.jp/

関連記事