オーバーテイクは「気持ちで負けない」 F4デビュー・ウインのJujuに聞く(下)

LINEで送る

 2020年6月に開幕した「F4 Danish Championship(デニッシュ・チャンピオンシップ)」の第3戦は、第1戦でポール・トゥ・ウインを達成したJujuこと野田樹潤さん(14)のオーバーテイク・ショーがファンを魅了した。年齢制限から日本では公式戦に出られないという理由で、欧州参戦を決めたJuju。日本では敵なしだっただけに、バトルの経験はほとんどなかった。元F1レーサーで、父でチームの監督でもある野田英樹さん(51)も「Jujuはどこであんなテクニックを身に着けたのか」と驚きを隠さなかった。

――第1戦で優勝した後、第2戦は上位の順位を入れ替えてバトルの要素を強くするリバース・グリット方式が取り入れられました。第1戦で優勝のJujuは8番手からのスタート。4位までに入って第3戦のポールポジションを確実にしたはずでしたが、タイヤの装着ミスで失格となり、第3戦は出走17台のうち12番手からのスタートでした。結果は3位。猛烈な追い上げでしたね。

【Juju】レースは15分プラス1周で行われますが、後続車のアクシデントで2度もセーフティーカーが入り、実際にグリーンフラッグでレースができたのは8分程度でした。セーフティーカーがなければ勝てたのに、と悔しかったですね。でも日本ではできなかったバトルを展開して、たくさんのマシンを抜くことができたのは、とても楽しく、自信につながりました。

エンジンがかかり、マシンが爆音をあげる。レーサーとしてのスイッチが入る瞬間。
エンジンがかかり、マシンが爆音をあげる。レーサーとしてのスイッチが入る瞬間。

――オーバーテイクについてお聞きします。日本ではトップを独走することが多かったなかで、オーバーテイクのテクニックをどうやって身に着けたのですか。

【Juju】普段の走行で、「抜くときはこんな感じかな」っていうイメージを持って走っていました。あとは父からのアドバイスもあり、それを実践で実行することができました。

――メインストレートのトップスピードから高速コーナーに向かって、アウト・イン・アウトのラインを走ろうとしている車の後ろにピタリとついて、コーナー直前で鋭く左に切り込み、ブレーキング勝負でコーナーのインを奪うオーバーテイクは見ごたえがありました。

カーレースの醍醐味とも言われるオーバーテイク。日本では見られなかったJujuの才能が欧州で開花した。
カーレースの醍醐味とも言われるオーバーテイク。日本では見られなかったJujuの才能が欧州で開花した。

【Juju】イメージ通りだったと思います。オーバーテイクでは相手に隙を見せない、気持ちで負けない、躊躇しない。このことは、勝負をするときに大切なことだと思います。

――お父さんが、以前、レーサーの資質として「負けん気の強さ」をあげ、「Jujuの負けん気は父親譲り」と言っておられたのを思い出しました。次回のレースは、9月11日、12日。舞台はパドボーグ・パーク。これまでに一番、練習したコースで記録も塗り替えています。

【Juju】練習をできているのは私自身だけでなく、皆が同じようにできています。ですからアドバンテージはありません。前回よりもさらにレベルが高く、熾烈な争いが展開されることを予想しています。また前回のユトランドリンクと違い、気温などの条件も異なりますので、それに向けた車両の調整をしています。先日、フランスへ遠征テスト走行に行ってきました。昨年までのレコードを2秒上回りました。

アグレッシブな走りはヨーロッパのファンの目もひきつけた。
アグレッシブな走りはヨーロッパのファンの目もひきつけた。

――最後に、応援するファンの方にメッセージをお願いします。

【Juju】たくさんの方々に期待をしていただけてうれしいです。メッセージを送ってくださる方も多く、モチベーションアップになっています。前回のレースからインターバルが長かったですが、良い戦いができるように全力で走ります。どれだけ練習しても、どれだけ準備をしても完ぺきはありません。気持ちを緩める余裕はありませんが、その一つひとつの状況を楽しめる状況になっていれば勝てるかもしれません。応援よろしくお願いします。

関連記事