幼少期は、カラオケで両親とスパルタ特訓!? 歌手・植田真梨恵さんインタビュー(前編)

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 中学卒業を期に、「歌を歌いたい」と、故郷の福岡から単身で大阪に移住した植田真梨恵さん。力強いハイトーンボイスと、怖いもの知らずのライブパフォーマンスがレコード会社スタッフの目にとまり、17歳でインディーズレーベルからミニアルバムをリリース。2014年には、メジャーデビューを果たした。歌も想いも強い感情型シンガーソングライター。今回は、8月にリリースされたアルバムの制作秘話や、植田真梨恵さんの幼少期エピソードなど、話をうかがっていく。

植田真梨恵さん
植田真梨恵さん(写真:ラジオ関西)

◆歌手は、子どもの頃からの夢

――15歳で故郷の福岡から大阪へ、想いの強さを感じますね。

「歌手になりたい!」っていうのは子どもの頃からずっと夢見ていましたね。「早く歌手にならないと……」「なるにはどうすればいいか」と思いながら、日々ものすごく焦っていました。

――影響を受けた音楽などはありますか?

私が小学校1年生の頃は、宇多田ヒカルさんや浜崎あゆみさんがデビューした年だったので、いろんな『歌姫』がJ-POPの世界にいた時代。なので私も、圧倒的なパワーのある歌を、華やかに歌う歌手に憧れていました。

――歌手になりたいと思った頃から、自分で作詞作曲をされていたんですか?

いいえ、子どもの頃はひたすら歌手になりたかったので、とにかくレコード会社が決まれば、「自分のための歌が用意されて、スターダムを行くのだ!」と思い込んでいたんですが(笑)。でも、大阪に来てもそういう機会がないから、曲を書きはじめましたね。

◆ストイックなカラオケ練習とは?


ファンに見守られながら新曲制作「25時間生配信」歌手・植田真梨恵さんインタビュー(後編)

■植田真梨恵 公式サイト
■植田真梨恵 公式Twitter
■植田真梨恵 公式Instagram
■植田真梨恵 公式YouTubeチャンネル

■植田真梨恵 3rd Album「ハートブレイカー」
2020年8月26日リリース
・通常盤 〈CD ONLY〉税別3,000円
・コレクション盤 〈CD+DVD+PHOTOBOOK〉税別4,500円

3rd Album「ハートブレイカー」

1.heartbreaker
2.WHAT’s
3.まぜるなきけん
4.Black Cherry In The Dirty Forest
5.Stranger
6.小さな恋の誓い
7.眠れぬ夜に
8.鍵穴
9.スルー
10.my little bunny
11.REVOLVER
12.バニラフェイク
13.I JUST WANNA BE A STAR
14.てとてとめとめ
15.IN TO
16.憂うべき
17.ERROR

LINEで送る

PUSH! | ラジオ関西 | 2020/09/24/木 16:30-17:35

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事