日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」参入決定のINAC神戸 安本社長「初代チャンピオン目指す」

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 2021年秋に開幕する日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」への初年度参入クラブが15日に発表され、神戸を本拠地とするINAC神戸レオネッサをはじめ、11クラブの参入が承認された。

 INAC神戸の安本卓史社長は、WEリーグ参入クラブ発表会見にオンラインで臨み、「昨晩から無事に連絡が来るか、来なかったらどうしようと、ドキドキ、緊張感を持ちながら今朝を迎えた。(参入決定の連絡は)率直にうれしく、ホッとしたのが第一」と感想をコメント。また、Jリーグから8クラブが入り、INAC神戸をはじめとする独立系クラブが3となったことについては「これからチャレンジしがいのあるリーグ」と述べるとともに、「兵庫県およびサッカー発祥の地である神戸のクラブとして、来年20周年を迎えるINAC神戸は、チャレンジャーとして、WEリーグ初代チャンピオンを目指していきたい。そして、いいクラブに、いいリーグにできるようにしていきたい」と抱負を述べた。

INAC神戸
「WEリーグ」参入決定を受けて、メディアの取材に応じたINAC神戸レオネッサの安本卓史社長(2020年10月15日、神戸レディースフットボールセンター/撮影:佐藤正道)

関連記事