松本穂香のまま演じる『みをつくし料理帖』 角川監督ラスト作

LINEで送る

 松本穂香主演、角川春樹監督ラスト作。女性2人の友情を爽快に描く、映画『みをつくし料理帖』が10月16日(金)から、OSシネマズミント神戸、アースシネマズ姫路など全国一斉公開です。

写真 メイン

 享和二年の大阪。8歳の澪と野江が、幼馴染の仲良しとして「何があってもずっと一緒や」と約束を交わした夜、大雨が襲います。――時が流れて、澪は江戸・神田の蕎麦処「つる屋」店主に助けられ、女料理人として働いています。江戸の味に馴染めず試行錯誤の日々。こうした中で、澪の評判を聞いた吉原の料理番が店にやってきます……料理に向き合い、運命を切り開いていく女性の成長と友情の物語。

写真 03

 主人公の澪を、女優として急成長めざましい松本穂香が演じます。撮影前、料理修行に励み、キャラクターに息を吹き込みました。

 澪と離ればなれになる幼馴染・野江を演じるのは朝ドラで注目された奈緒。澪と野江をつなぐ男の役柄に中村獅童。

写真 04

 このほか、石坂浩二、若村麻由美、浅野温子、薬師丸ひろ子、渡辺典子、野村宏伸ら角川映画常連俳優が集まっています。

 原作は、兵庫県宝塚市在住の髙田郁。累計発行部数400万部突破のベストセラー時代小説シリーズです。

 温もりに満ちた人情物語に惚れ込み、プロデューサーを務めつつメガホンをとったのが角川春樹監督。長大な原作の中から、真心のこもった人間ドラマとして紡ぎました。

写真 10

 主演の松本穂香さんは、「最初に台本を読んだ時に感じた温かい気持ちのまま、最後までしあわせな気持ちで演じました」と話しています。「角川監督から『澪を演じようとするのではなく、もし穂香が料理人として江戸時代に生きていたら?として、穂香のままでやってほしい』と言われた」と打ち明けました。

 松本穂香さんの等身大の魅力が分かる作品。角川映画の豪華キャストが結集する“最後の角川春樹監督作”は、さわやかで優しい作品。映画『みをつくし料理帖』は10月16日(金)、全国一斉公開です!(SJ)

◇『みをつくし料理帖』

出演:松本穂香 奈緒 若村麻由美 浅野温子 窪塚洋介 小関裕太 藤井隆
   野村宏伸 衛藤美彩 渡辺典子 村上 淳 / 永島敏行 反町隆史 榎木孝明 鹿賀丈史
   薬師丸ひろ子 / 石坂浩二(特別出演) / 中村獅童

製作・監督:角川春樹
原作:髙田 郁「みをつくし料理帖」(角川春樹事務所)
主題歌/手嶌 葵「散りてなお」 作詞・作曲/松任谷由実 編曲/松任谷正隆(ビクターエンタテインメント)
配給:東映

(C) 2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会


映画『みをつくし料理帖』 公式ウェブサイト
https://www.miotsukushi-movie.jp/



映画『みをつくし料理帖』 予告編


映画『みをつくし料理帖』 公式Twitter
https://twitter.com/EigaMiotsukushi

映画『みをつくし料理帖』 公式facebook
https://www.facebook.com/eigamiotsukushi/

関連記事