工業都市だけじゃない!尼崎の歴史を知る 尼崎市立歴史博物館オープン!!

LINEで送る

この記事の写真を見る(6枚)

 中世には港町、近世には城下町、そして明治以降は産業都市として発展した尼崎の歴史遺産などを展示する「尼崎市立歴史博物館」が10月10日オープンした。

尼崎市立歴史博物館 外観
尼崎市立歴史博物館 外観

 尼崎城の本丸があった場所に、昭和13(1938)年、旧尼崎市立女学校の校舎として建てられ、平成17(2005)年まで中学校の校舎として使われた「歴史的建造物」が、博物館として生まれ変わった。玄関付近の八角形の窓や庇の時計台など、玄関付近に当時の外観上の特徴が残っている。

 内部は博物館として活用するために「展示室」にリニューアルされたが、2階の1室は「成良中学校」の教室の姿をそのまま残した。教室には、落書きが残る机やいすのほか、昭和40年代に大気汚染対策のために設置された空気清浄機も置かれている。もちろん今は稼働していない。

ガイダンス室 かつての教室をそのまま残した
ガイダンス室 かつての教室をそのまま残した。奥にあるのが空気清浄機

 教室を改装した常設展示室は6部屋。尼崎というと近代の工業都市としてのイメージが強いがその歴史は古い。原始・古代から現代まで、時代ごとに1部屋というレイアウトで、流れを追いながら尼崎の歴史に触れることができる。貴重な資料も多い。東園田遺跡から出土したイイダコ壺は、490個がまとまっていた。このことから「490」が操業の1つの単位であったことがわかったといい、展示ではすべてではないが、出土した形のまま蛸壺が並べられている。

イダコ壺(この中に一つだけ鹿が描かれているものがある)
イダコ壺(この中に一つだけ鹿が描かれているものがある)

 古代・中世(7世紀から16世紀)の1000年間では、土地が北から南に広がっていたことが文献からわかるという。尼崎の北部には、奈良・法隆寺と同じ伽藍配置の寺院が建てられた。その後、このあたりが「猪名寺」と呼ばれたという記録があることから、「猪名寺廃寺」としている。寺があるということはその周辺に人がいたとされ、そこから南に開発が進んだ。鎌倉時代には港湾都市として発展。その港・海岸線も時を経るにしたがって南へ移っていくことも、地図から読み解くことができる。

 江戸時代には、譜代大名・戸田氏鉄により尼崎城が築城された。大坂の西の守りの役割を持ち、これに合わせ城下町も形成された。四層の天守と三重の堀を持ち、その大きさは甲子園球場のおよそ3.5倍。歴史博物館は本丸の北側部分に当たる。100分の1スケールで尼崎城本丸を復元した模型も展示され、そのスケールの大きさがわかる。

尼崎城本丸復元模型
尼崎城本丸復元模型

 その後、近代から現代にかけ尼崎がどのように発展してきたか。幕末に尼崎沖に停泊したロシア船ディアナ号の48分の1スケールの模型や、鉄道が開通した頃の時刻表(漢字で縦書きで書かれている)、工業都市として発展しつつある昭和8(1933)年の姿を描いた鳥観図のほか、公害など様々な問題を乗り越え現在に至る過程など、貴重な資料から見ることができる。

ロシア船ディアナ号の48分の1スケールの模型
ロシア船ディアナ号の48分の1スケールの模型

 尼崎市立博物館はこれまでの文化財収蔵庫と地域研究資料館の役割を統合したもので、およそ3万点の資料を所蔵している。常設展では300点ほどが展示され、今後入れ替えも行うという。

 尼崎としては初めての構想から30年以上をかけて実現された博物館。気になるものがあれは3階の「地域研究資料室(あまがさきアーカイブス)」で調べることが可能な「来て観て調べる」博物館だ。

 楞野一裕学芸員は、「工業の町というイメージが強い尼崎だが、長い歴史を持つ。その歴史を知ってほしい」と話す。

 また開館記念展として「尼崎藩主三代の軌跡」を11月29日(日)まで開催中。尼崎藩主をつとめた 戸田・青山・松平の業績を紹介し、尼崎藩の役割など江戸時代の尼崎を振り返る。

伝松平家緋糸威胴丸具足と九曜桜紋入火事兜
伝松平家緋糸威胴丸具足と九曜桜紋入火事兜(常設展示より)

■尼崎市立歴史博物館
尼崎市南城内10番地2
(阪神「尼崎」駅 南口から南東へ徒歩10分)
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜(祝日の場合は直後の平日)、12月29日~1月3日
入館料 無料(特別な催しの際は徴収することあり)


関連記事