神戸 癒しのカフェを求めて vol.7 ~みんなが心休まる空間を 「CAFE Zoe’」~

LINEで送る

この記事の写真を見る(6枚)

 神戸国際会館から東へ約5分。趣のあるビルの3階に、知る人ぞ知る“癒しのカフェ”がある。皆に知ってもらいたいような、誰にも教えたくないような、そこに居るだけで心が落ち着く空間だ。

 ミントブルーの壁が印象的で、北欧のような色調が心地よい。天井が高く開放感ある店内、窓からはひんやりとした澄んだ風が流れ込んでくる。この空間だけ、ゆったりと時間が流れていくようだ。

写真:店内
「CAFE Zoe'」店内

 そのカフェは、「CAFE Zoe'(カフェ・ゾエ)」と名付けられた。ラテン語で“Zoe”は「魂」「生きること」を意味する。決してあの日を忘れない……という、誓いのような想いが込められている。

「あの日」それは、1月17日の阪神・淡路大震災。高台に住んでいたオーナーの荒井厚子さんは、その時の景色を鮮明に覚えているという。音もなく真っ暗な中で炎が上がっていく様子は、まさに地獄だった。

 ふつうの日々をふつうに過ごせること、それこそが幸せなのである。愛する神戸の街で、誰もがその幸せを感じながら、お茶を飲んだり食事をしたり、日常の何気ない喜びを分かち合う場所にしたいと、11年前の1月17日、「CAFE Zoe'」をオープンした。

 約12年、スタイルを変えながらカフェを続けるなかで、理想のようにはいかないこともあった。新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言発令中は、お店をやる意味や、これからどうしていくかについて悩む時間も増えたという。

「それでも、最近やっと理想に近づいてきた気がしています」と荒井さんは明るく微笑む。

「CAFE Zoe'」のこれからについて尋ねると、「来てくれているお客さんを急かすことなく、みんながゆっくりと心休まる空間にしたい。何回もいらっしゃる方と顔なじみになって、帰り際に少しお話するような時間が、本当にうれしい瞬間です」と話してくれた。

写真:店内②
「CAFE Zoe'」店内

 ここでのオススメは何といっても「珈琲ゼリー」。口どけがなめらかでほんのり塩の効いたバニラアイスと、甘さ控えめのコーヒーゼリーの相性が良い。ほど良く残るコーヒーの香りと後味は、幸せのため息がでるほど。

写真:珈琲ゼリー
「CAFE Zoe'」の「珈琲ゼリー」

 もう1つ、ぜひとも味わってほしいメニューが「季節のミックスジュース」だ。口に含んだ瞬間、きっとあなたも驚くに違いない。ミルク不使用でジャスミン茶がベースになっており、はちみつ・サワークリーム・バナナ・季節のフルーツで手間暇かけて作られたこだわりのドリンクである。

写真:季節のミックスジュース(梨)
「CAFE Zoe'」の季節のミックスジュース(梨)

 すべてが調和した優しい味わいに、ただ、感動する筆者。「2杯飲んでいく方もいるんですよ」とオーナーの荒井さん。ファンも多いはずだ。

 ほっと一息、仕事の休憩に、大切な人とのおしゃべりに、唯一無二の癒しの空間で元気をチャージしてほしい。

※ラジオ関西『PUSH!』2020年10月28日放送回「カフェ・ド・アスカ」より


「CAFE Zoe'」
神戸市中央区御幸通6-1-3 山田ビル3階
営業時間 平日12:00~17:00
定休日 土・日・祝
Instagram https://www.instagram.com/cafe_zoe/



※情報は2020年10月28日現在のものです。最新の情報は、直接お店にご確認ください。

「神戸 癒しのカフェを求めて」アーカイブはこちら

LINEで送る

関連記事