「ゴジラ、淡路島に上陸中!」映画・特撮好きにはたまらないアトラクション揃い

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 淡路島にゴジラが上陸?! 国立ゴジラ淡路島研究センターで、「ゴジラ迎撃作戦本部」に集い、迎撃作戦に参加せよ!

ニジゲンノモリ、リアル体感型アトラクション「ゴジラ迎撃作戦」ジップライン
ニジゲンノモリ、リアル体感型アトラクション「ゴジラ迎撃作戦」ジップライン

 兵庫県立淡路島公園内のアニメパーク「ニジゲンノモリ」に、2020年10月10日にオープンした、リアル体感型アトラクション「ゴジラ迎撃作戦」。「巨大という現実(リアル)」というコンセプトで作られたこのアトラクションは、映画「ゴジラシリーズ」とのコラボ作品となっており、ファンだけではなく、最新の映画を見たという若者や、特撮・怪獣が好きといった子どもたちにも人気のアトラクションだ。

 このアトラクションでは、参加者が国立ゴジラ淡路島研究センターの一員となり、迎撃作戦を遂行していく。まず、映画会社『東宝』がこのアトラクションのために制作したショートムービーを「プレシアター」で鑑賞。そして全長約120メートルの等身大ゴジラの中を走行できる「ジップライン」、ゴジラの細胞を狙い撃つ「シューティングゲーム」、最後にゴジラの歴史や映画の撮影に実際に使用された作品を鑑賞できる「ゴジラミュージアム」と盛りだくさんの内容だ。各作戦を成功させるともらえる、ニジゲンノモリ限定「ミッションカード」を集めるのも楽しみの1つになるだろう。

「ゴジラ迎撃作戦」ゴジラミュージアムより
「ゴジラ迎撃作戦」ゴジラミュージアムより

 取材するにあたり、実際に体験をさせてもらった。ショートムービーには、豪華俳優陣が出演しており、なおかつ大迫力の映像で、「本当に淡路島にゴジラが現れたのではないか?」と疑うほどによくできたストーリーと映像だ。

「ジップライン」ではゴジラの体内を走行する体内監視コース「162メートル」とゴジラの横を走行する体表監視コース「152メートル」の2種類から好きなコースを選択し、ジップラインで走行する。自分のスマホを首にかける専用の袋を貸してもらうことができ、ジップライン走行中の映像も撮れるという楽しみ方も!

「シューティング」では専用の銃を使用し、ゴジラの細胞を撃って攻撃しスコアを稼ぐ。細胞からの攻撃に当たってしまうとスコアが減点されてしまうので、壁に隠れて当たらないようにしよう。回避・攻撃を2分間繰り返し、高得点を目指せ!

「ゴジラミュージアム」は世界初の常設となる。ミュージアム内には怪獣のフィギュアが100体以上展示されている他、実際に2016年に公開された『シン・ゴジラ』でのワンシーン、東京駅を破壊するゴジラのジオラマや、実際に撮影に使用されたゴジラスーツが展示されている。歴代の映画のポスター等も展示されており、ゴジラ好きにはたまらないミュージアムとなっている。

写真は「モスラホワイトカレー」1,680円(税別)
写真は「モスラホワイトカレー」1,680円(税別)

■ニジゲンノモリ – 兵庫県立淡路島公園アニメパーク
https://nijigennomori.com/

■谷五郎 Instagram
https://www.instagram.com/gorotrip/

LINEで送る

関連記事