ポルシェ無免許、BMWに追い抜かれ暴走 芦屋市の医師、危険運転致死罪の実刑確定へ 最高裁

(写真2枚)

阪神高速道路・神戸線で2018年、無免許でドイツ製高級車「ポルシェ」を時速約216キロで運転し、死亡事故を起こしたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)などの罪に問われた芦屋市の男性医師(52)について、最高裁第2小法廷が11月27日付で上告を棄却した。懲役8年の実刑判決が確定する。

関連記事