心斎橋パルコ行くならお茶漬けだ! ~鉄アナ・羽川英樹「行ってきました!」vol.11

LINEで送る

この記事の写真を見る(6枚)

 鉄アナ・羽川英樹の連載「行ってきました!」。今回は、大阪・心斎橋に復活した心斎橋PARCO(パルコ)を、羽川アナが現地リポートしました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 大阪・心斎橋に9年ぶりにパルコが帰ってきました。11月20日の再オープンから約1か月、少し落ち着いたところでつぶさに店内を見てきました。3年前に大津パルコが撤退していたので、関西では現在唯一のパルコとなります。

 1969年に池袋で1号店がオープンしたパルコ。イタリア語で公園を意味します。のちに渋谷店を中心に若者のファッション・文化の原動力となってきました。当初はセゾングループの一翼を担い、大人は西武百貨店で若者はパルコという棲み分けもできていました。現在は大丸・松坂屋グループのJフロントリティリングの一員となっています。

 お店はかつての大丸心斎橋北店(その前はそごう心斎橋店)だったところで、地下2階・地上14階建てに約170のお店が入り旧パルコの5倍の広さとなっています。

 1~5階がファッションフロア、6階はポップカルチャー、7階は無印良品、8階はスポーツやアウトドア、9~11階には東急ハンズが入りました。パルコといえばセゾン時代にロフトとセットでしたが、今回は独立店舗を閉じたハンズがここに入居しています。

 現在オープンしている飲食から注目を2軒。地下1階にあるのが、おかず茶漬けの専門店「暫(しばらく)」。9種のトッピングと3膳分のご飯がセットになった「旅するだし茶漬け」(1180円税込み)がおすすめ。また2階にはエンポリオ・アルマーニが東京・青山に次ぐ2号店としてカフェを展開。こじんまりしたスペースながらアフターヌーンティセット(3080円)や、洋梨のパフェ(1400円)などが大人気。このあと新年からは地下2階に「心斎橋ネオン食堂街」、13階には「御堂筋ダイニング」がオープン予定です。

お茶漬け
お茶漬け

 6階のフロアは「ゴジラ」「クレヨンしんちゃん」「スヌーピー」「刀剣乱舞」「レゴストア」などのポップカルチュアが目白押し。巨大ハンバーガーは大人気のフォトスポットになっています。

 4階には「スキーマ」というワーキングスペースも登場。2時間1000円から利用できます。また文化ゾーンでは14階にイベントホールなどがあり、12階には新年からミニシアターもオープン予定です。

 ファッション依存をやめ「新しい価値観やモノ・コトを提供する」というテーマをもつため、若者志向というよりは大人も楽しめる全世代型の店舗構成に。また各フロアで大丸と直結し、百貨店とパルコがうまく融合する効果も狙っているようです。(羽川英樹)

羽川英樹ハッスル! (1) | ラジオ関西 | 2020/12/17/木 10:00-11:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事