「死にたいな、学校疲れた…」中3女子いじめ自殺 神戸市教委、重大事態認定 かつて息子を失った母「学校に不信感」と怒り

神戸・女子中生いじめ自殺 自宅に残されたメモ(遺族代理人弁護士提供)
(写真2枚)

神戸市立中学校3年の女子生徒(当時14)が2020年9月に自殺していたことがわかり、神戸市教育委員会がいじめ防止対策推進法で規定する「重大事態」と認定した。設置した第三者委員会が18日、初会合を開いた。

関連記事