ザ・プラン9のコヴァンサン、『おちょやん』出演の次はCM出演か

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

 お笑いユニット「ザ・プラン9」のメンバー、「コヴァンサン」と「きょうくん」が、ラジオ関西(神戸市)で担当する自身のラジオ番組『日曜チョップラン』で、新たな活躍の場を報告した。

収録を終えたコヴァンサン(左)ときょうくん(右)(写真:ラジオ関西)
収録を終えたコヴァンサン(左)ときょうくん(右)(写真:ラジオ関西)

 お笑いコンビ「チョップリン」として20年にわたって活動を続けてきたなか、昨年はフリー転身、秋には「ザ・プラン9」と吉本興業への電撃加入、さらには個々も改名を行うという、激動の1年を送った、コヴァンサン(小林幸太郎から改名)と、きょうくん(西野恭之介から改名)。

 新年1回目のラジオ収録はなんと元日。昨年の正月は何をしていたか記憶にないという二人は「正月から仕事なんて縁起が良い」と喜び、元日に収録することになったいきさつを語った。

 実は本来の収録予定は12月25日だったが、なんとコヴァンサンに突然CM撮影の仕事が入ったという。俳優として出演を果たしたNHK連続テレビ小説『おちょやん』に続き、うれしいニュースだ。

 コヴァンサンは急遽スケジュールを変更して撮影に挑み、ラジオ収録が年を越す形に。そのなかで、きょうくんは「スケジュール変更でスタッフさんに迷惑かけているのに謝罪がない」、「CMやねんから深夜ラジオくらい予定変えればいいと思っている」と、コヴァンサンに天狗疑惑をかける。

 あらぬ疑いをかけられたコヴァンサンは、言い訳するも、しどろもどろ。あげくには、「島田一の介さんに挨拶した話のときは目が死んでいたが、CM撮影の話になったら目が輝いている」(きょうくん)と散々な言われよう。

「撮影現場では本番前に爪を磨いてもらった」など、初体験のCM撮影は驚きの連続だったと、コヴァンサンは嬉々として語るも、肝心の内容や放送開始時期などは全く覚えておらず。加えて、長袖を着ていたか半袖だったかも覚えてないという様子に、天狗状態を心配していたきょうくんからは、最後は老化を心配されていた。

写真左から、ザ・プラン9の「コヴァンサン」と「きょうくん」
写真左から、ザ・プラン9の「コヴァンサン」と「きょうくん」

真夜中劇場「日曜チョップラン」 | ラジオ関西 | 2021/01/09/土 26:00-27:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事