アスリートの原点に迫る 阿部詩、坂本花織らの手形・足形を神戸市内で発見 新たに手形募集も

LINEで送る

この記事の写真を見る(6枚)

 2021年に予定されている東京五輪の柔道女子52キロ級代表に内定している阿部詩選手(夙川学院高→日本体育大)や、2018年の平昌五輪で6位に入賞した女子フィギュアスケートの坂本花織選手(神戸学院大)は、2000年生まれで現在20歳。11日には新成人として成人の日を迎えた。そんな2人が生まれた当時の手形・足形を神戸市内で見ることができる。世界で戦うアスリートの原点に迫る。

 2人の手形・足形があるのは、2021年夏に開業20周年を迎える、神戸市営地下鉄海岸線の駅構内。阿部選手のものは東端の三宮・花時計前駅に、坂本選手のものは西端の新長田駅に、タイルで埋め込まれている。これは同線の開業に合わせ、神戸市が2000年に市内で生まれた赤ちゃんの手形・足形を募集したもので、10駅に3,440人分を設置。阿部・坂本両選手の家族も偶然応募していたという。

阿部選手の場合は三宮・花時計前駅の改札を出てすぐの階段・エスカレーター横の壁面にある。

 阿部選手の場合は三宮・花時計前駅の改札を出てすぐの階段・エスカレーター横の壁面にある。この場所には120人分を設置。

五十音順などではなく、順番はランダム

 少し近づいてみると、五十音順などではなく、順番はランダムだ。もっと近づくと……。

1336と番号が振ってある

 発見。

当時、生まれたばかりの阿部詩選手の手形と、記者の右手の比較

 記者の右手と比べてみた。当たり前だが、こんなに違う。阿部選手は「元気いっぱい 笑顔もいっぱい いつも笑っていよう」というメッセージの通りに成長し、今となっては体格で劣る相手にも果敢に立ち向かう。

 坂本選手の手形・足形は同様に新長田駅の駅構内にある。神戸市の担当者によると、平昌五輪の際にはファンから大きな反響があったという。

坂本花織選手の手形・足形(提供:神戸市交通局)
坂本花織選手の手形・足形(提供:神戸市交通局)

 神戸市は市営地下鉄海岸線の開業20周年を迎えるにあたり、市内に住む2020(令和2)年生まれの赤ちゃんの手形を募集する。2021年2月末までで、応募方法は市のホームページで確認できる。市交通局が集まった手形を使い、アート作品を作って海岸線の5駅程度に展示する予定。

手形を使ったアート作品のイメージ(提供:神戸市交通局)
手形を使ったアート作品のイメージ(提供:神戸市交通局)

神戸市交通局HP「海岸線20周年記念企画『2020年生まれの赤ちゃんの手形募集!』」

関連記事