切り替えが大事! 「春光日々新」の意味を知る ラピス和尚の辻説法

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

この記事の動画を見る

 毎週日曜午前8時からのラジオ番組『ラピスモーニング』(ラジオ関西)で、神戸大倉山・楠寺瑠璃光苑の住職、「ラピス和尚」さんの楽しい仏教うんちくを届けています。日頃なにげなく使っている言葉が、思いもよらない“ふか~い”意味を持っている。そんな感動をラジトピで連載していきます。2月14日放送回の辻説法は「春光日々新」(しゅんこうひびあらたなり)です。

 まだまだ寒い日が続きますが、立春も終わり、暦の上では春になりました。バレンタインディーもやってきて、春の予感にワクワク!

「春光日々新」と、今の季節にぴったりな言葉を見つけました。「春がやさしい光を放ち、新しい日々が来るのかな?」、そんなイメージで和尚にお聞きしてみたところ、「その通り!」と和尚。

 しかし、いつもながらその先が深いのであります。

 春の景色は日を追って変化し、毎日毎日が新しいという意味は、いったいどういう意味なのでしょうか?

 それは、「春がやってきて、新しい毎日が来る」ということだけではなく、「自然が新しい季節を迎えていくがごとく、毎日毎日新しい心に改めていく。古いことはさっと忘れて過去のことにする」とのこと。

 ずーっと腹を立てていると、思い出してまた腹が立って、また腹が立ってと、その時のことを思い出したり、なぜ腹が立つのか考えてみたり。すると、またまた腹が立つものです。これを根こそぎ解決するには……。

 今、この瞬間はどんどん過去になっていきます。そして、時間は1秒ごとに過ぎ去っていくものです。記憶を捨て去るわけにはいかないですが、過去の出来事として笑って思い出せる心のゆとりをもちましょう! ということですね。

 古いものをさっと捨てられる「心の切り替え」が、あなたを、あなたの人生を新しくします。それが「春光日々新」なのです!

ラピス和尚

※みなさまの知りたい禅語もぜひお寄せください!
ラジオ関西『ラピスモーニング』(lps@jocr.jp)まで。

■ラジオ関西『ラピスモーニング』公式サイト
https://jocr.jp/lps/

ラピスモーニング | ラジオ関西 | 2021/02/14/日 08:00-08:20

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事