イスラム国(IS)の内側を人質の視点で描く 『ある人質』

(C) TOOLBOX FILM / FILM I VÄST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019
(写真4枚)

1年以上にわたって過激派組織「イスラム国」(IS)に拘束されながら、奇跡的に生還したデンマーク人写真家の実話を映画化した、『ある人質 生還までの398日』が2月19日(金)からシネ・リーブル梅田、京都シネマで、3月5日(金)からシネ・リーブル神戸で公開されます。

関連記事